2007年10月10日

スプリンターズS回顧

馬場(重)ペース(H)

スプリント路線の低レベル化は目立つが、唯一の秋のスプリントGTだけあって、スプリント戦としてはハイレベルな1戦。

超Hペースではあったが、アストンマーチャンが大逃げしたために作られたラップで、不良馬場の中山らしく、内、先行有利のレースだった。外を回した馬や差しを選択した馬は評価を情報修正する必要がある。

個体評価

アストンマーチャン
絶好のスタートから短距離ではなかなか見られない大逃げ。最後はバテバテになりながらも粘りきり、能力を証明した。
能力の高さはずっと評価していたし、GTでのこのパフォーマンスも納得。ただ、特殊馬場で特殊なレースをしての内容なので、今後の馬券の付き合い方は難しい。平坦なら1400mもこなすと思うが、1200mが現状のベストであることは間違いないだろう。

キングストレイル
大外枠から外々を動いて伸びる強い内容。ロスも多く、負荷のかかる騎乗だったので、能力を証明した。
初の1200mとしては出色の内容で、能力とともに現状の充実も示したという内容。3歳時の秋天以来のGTだったので、これからがピーク期になるはず。安定しない馬だが、安易な軽視は禁物。
posted by ぶぎー at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

先週の予想結果

10/6

京都11R 大原S

1着○クランエンブレム
2着…ゴールドキリシマ
3着…ファランドール

単勝10000円外れ
複勝20000円外れ
馬連4000円外れ
3連単1000円外れ

計−35000円



10/7

京都11R 京都大賞典

1着…インティライミ
2着○ポップロック
3着…アルナスライン

単勝1000円外れ
馬連9000円外れ

計−10000円



東京11R 毎日王冠

1着…チョウサン
2着…アグネスアーク
3着◎ダイワメジャー

馬連10000円外れ

計−10000円



10/8

東京10R 本栖湖特別

1着…トップセラー
2着…マイネルアナハイム
3着…ウエイクアイランド

馬連20000円外れ
3連単5000円外れ

計−25000円
posted by ぶぎー at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

東京10R 本栖湖特別

準勝負レース

◎サンワードブル
例年500万下勝ち級の馬でも好走できるセントライト記念だが、今年は1000万下勝ち級の馬が数多く出走していて3歳限定中距離重賞として価値の高かった1戦。土曜京都の大原Sでセントライト記念10着だったクランエンブレムが勝ち上がっていることがそのことの証明でもある。同馬はそこで外枠から道中外々を動いて位置取りを上げ、4角でも勝ちに動いて最後まで伸びる強い内容だったのだから、1000万下クラスでは圧倒的に能力上位。外枠を引いたが、10頭立て程度の少頭数なら問題なく、開幕週なら多少後藤が早仕掛けしても捕まることはない。

○シグナリオ
前走のセントライト記念はサンワードブルと同じように大外枠から道中外々を動いて位置取りを上げ、4角でも勝ちに動いて最後まで伸びる強い内容。1000万下クラスでは抜けた能力を持っているし、内枠を引いて得意の東京。能力的にはサンワードブルにやや劣るが、死角はこちらの方が少ない。

▲スーパーキャノン
前走は中山開幕週でテン36.4秒−上がり34.5秒のSペースを逃げての内容としては物足りなかったが、東京3-2-0-3、中山0-0-2-7と、小回りで得られる距離の優位性よりも、ゆったりと加速するコース形態が合う逃げ馬ということ。前に行きたい馬が少ないメンバー構成で楽に先行できそうだし、逃げ馬の横山典替わりは悪くない。

買い目

馬連
◎○ 20000円

3連単
◎○▲ 3000円
○◎▲ 2000円
posted by ぶぎー at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 準勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

東京11R 毎日王冠

準勝負レース

◎ダイワメジャー
前走は自身にとってやや長い距離でテン33.5秒ー上がり36.9秒の超Hペースでは体力的に厳しかったし、そのペースで番手集団の前方に位置取ったので仕方のない敗戦。切れる脚がないのが欠点だが、コンゴウリキシオーとストーミーカフェがいて淀みない流れが期待できるし、反応の遅い馬の内枠という問題もHペースでバラける流れならカバーできる。開幕週なら多少オーバーペースになっても差されることはない。

○コンゴウリキシオー
能力上位。開幕週東京1800mは悪くない条件。

買い目

馬連
◎○ 10000円
posted by ぶぎー at 05:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 準勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都11R 京都大賞典

準勝負レース

◎トウショウナイト
4走前は中枠から外々を回して動いて0.9秒差の7着。そのレースでポップロックは最内枠からロスを少なく乗って0.5秒差の2着だったし、3走前はSペースを前からの競馬ではあったが、馬場が荒れた中を突いて、外差ししたポップロックとは0.2秒差。前走は2ハロン目〜7ハロン目まで11秒台が続く厳しい流れをメイショウサムソンより前から競馬して先に仕掛けての0.3秒差で、ポップロックが前走超Hペースで追い込みを選択してメイショウサムソンと0.3秒差ということを考えれば、純粋能力は互角以上。速い上がりが使えずSペースが濃厚なメンバー構成なので上がり勝負になると厳しさもあるが、インティライミとポップロックが2強を形成しているかのような戦前の雰囲気で、乗り替わりになる四位は「差せるもんなら差してみやがれ!」というような先仕掛けの競馬はしにくいため、インティライミをマークするような競馬になる可能性が高く、追われてからの伸びが売りのポップロックでは結果的に仕掛け遅れての差し損ねになる可能性が高い。また、今走は人気から解放されての乗り替わりでデルタブルースが逃げを打つ可能性があり、ある程度速い流れになれば正攻法でも勝ちきれる。デルタブルースに関していえば、スタミナはあるが現状ではスピード不足で日本の競馬では厳しいということは周知の事実なので、3200mの春天で惨敗してメルボルンC出走も叶わなかった今、人気も落ちて手頃なメンバー構成のここなら賭けを仕掛けやすい場面(成功しても失敗してもJCや有馬記念に可能性を残せるという背景もある)。どちらかといえば、先に繋がるレースとしてもこちらの展開に期待したい。

○ポップロック
能力上位。

買い目

単勝◎ 1000円

馬単
◎○ 3000円
○◎ 6000円
posted by ぶぎー at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 準勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

京都11R 大原S

準勝負レース

◎フィールドベアー
開幕週の京都1800m。コーナーが2つしかなくて直線は長いが、絶好の芝状態だけに、直線だけの追い込み馬ではさすがに物理的に届かない。今走は人気馬に不器用な追い込み馬が多いメンバー構成で、内枠を引けて前にも行ける同馬は展開に恵まれそう。前走は外枠から出遅れ気味に出て外々を回して最後まで伸びる強い競馬だったし、2走前も出遅れ気味のスタートから開幕週で前有利の馬場、流れを後方から競馬して仕方のない敗戦。現状の充実は感じるし、秋山なら開幕週の内枠という条件を考慮してある程度の位置から競馬してくれる。ただ、秋山は馬群の捌き方が下手なので、前が詰まるような展開になって追えずに終わる競馬だけは怖い。

○クランエンブレム
内枠の先行馬。近2走の内容は少々物足りないが、その前の2つの芝のレースの内容から、2走前は荒れた馬場が合わなかった可能性が高いし、前走は速い流れを道中動いて先頭に並びかける競馬をしながら、4角では絶好の手応え。あの競馬で伸びないなら、距離が長かったと考えるのが自然。短縮1800mはほぼベスト条件で、これで凡走するようなら現状の充実度が低いと考えるしかないだろう。

▲カネトシツヨシオー
前走は重馬場でテン36.3秒ー上がり34.5秒のSペース。後方から競馬する馬にはどうしようもない展開、馬場だった。開幕週の京都では条件的に軽すぎるかもしれないが、3走前に今走のメンバー内で最先着しているように、能力は上位。

買い目

単勝◎ 10000円

複勝◎ 20000円

馬連
◎○ 3000円
◎▲ 1000円

3連単
◎○▲ 500円
○◎▲ 500円
posted by ぶぎー at 12:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 準勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

札幌2歳S回顧

馬場(重)ペース(H)

2歳戦のため、レースレベルは不明。

テン36.6秒−上がり37.9秒で差し馬に有利な展開になったが、札幌らしく外を回した馬はロスがあった。早めに動いた馬や外を回した馬は評価を上方修正する必要がる。

個体評価

オリエンタルロック
控えて最後方待機し、3角から徐々に進出して直線大外一気。ペースが速かっただけに即能力の証明というわけではなかったが、2〜4着馬の3角位置がそれぞれ5、2、1、5だったのだから、潜在能力の片鱗は見せられた。
前走までと比べて一気のパフォーマンス向上だったのだから、上がりがかかる馬場のHペース戦がかなりフィットするということだろう。器用さがなく、気性的な問題もありそうな馬だけに、しばらくは消し続けた方が馬券的メリットは大きいと思われる。

サブジェクト
スタートは悪くなかったが、外気味の中枠で先行争いが思いのほか激しくなったので、1角で外を回されて位置取りを下げて中団から。そこからホウザンがマクリ気味に進出したのに合わせて位置取りを上げ、先頭に並びかけるようにして直線へ向かい、そこから最後まで伸びて2着を確保した。ロスが多く、かなり馬に負荷を掛ける騎乗だったので、この2着には高い評価を与えられる。
新馬戦がSペースの完全前残り戦で大外をブン回しての差しきり勝ちだったし、今走はHペースを勝ちに動いて最後まで伸びての2着。能力も高いし、騎乗ぶりも馬に負荷を掛けて成長させるための騎乗。現状ですでに条件を問わない強さを証明しているし、今後も無条件で買い続けたい。

ホウザン
スタートは悪くなかったが、外枠だったので枠なりに位置取りを下げ、道中動いて先頭を捕まえにいって最後まで粘っての3着。自身の良さを生かした騎乗ではあったが、能力は証明した。
内が荒れて先行した内枠の馬は全滅だった函館2歳Sの内容も良かったし、母父アサティスの影響もあるのか、荒れて時計のかかる馬場には滅法強い印象。ダッシュ力がなく、短距離では追走するので手一杯になってしまうため、時計のかかる馬場の中距離がベスト条件になるだろう。
posted by ぶぎー at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

先週の予想結果

9/29

札幌8R 3歳上500万下

1着…アースクリスハーン
2着◎ギーニョ
3着…エアスービック

単勝20000円外れ

計−20000円



9/30

阪神9R 兵庫特別

1着…デュオトーン
2着…タガノファントム
3着…エーシンダードマン

単勝5000円外れ
複勝10000円外れ

計−15000円



中山11R スプリンターズS

1着…アストンマーチャン
2着◎サンアディユ
3着…アイルラヴァゲイン

単勝2000円外れ
馬連7000円外れ
3連単1000円外れ

計−10000円
posted by ぶぎー at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

中山11R スプリンターズS

準勝負レース

◎サンアディユ
中山1200mはスタートから下り坂でそのままの勢いでコーナーを回って直線に向かうし、直線も短く坂があって内、先行有利。GTレベルになれば前も止まらないため、差し馬はイン差しができないとデュランダル級じゃないと無理で、そのデュランダルもサイレントウィットネスには歯が立たなかった。このメンバーでは高松宮記念でピーク期に入ったスズカフェニックスが純粋能力は1番だろうが、15番枠の差し馬ではいかにも厳しい。その高松宮記念では初の1200mにも関わらず3角から動いて前を捕まえにいってそのまま突き放す異常な内容だったが、あれは平坦な中京だったからできた芸当で、スタートから下り坂で究極のテンスピードを問うスプリント戦の頂点のようなこの条件であの競馬はさすがにできない。そうであれば、内枠を引けた同馬かアストンマーチャンがこのレース制することになる。同馬とアストンマーチャンは北九州記念で激突していて、アストンマーチャンが6着、同馬が7着だった。北九州記念はテン32.1秒−上がり35.6秒の超Hペースだったし、内が荒れて、マクった馬か外差しを選択した馬しか上位にこれない展開、馬場。そこで先行して6着だったアストンマーチャンは単純比較ならサンアディユより上になるが、サンアディユは先行しながらも外から来たマクリ馬に包まれて位置取りを下げ、そこから伸びてくる厳しい競馬。これではどちらの能力が上なのかを判断するのは難しい。差があるとすれば、その後にステップレースを使ったか使わなかったかになるが、限界能力を問われるGTで巻き返すにはGT実績がある方が望ましいため(一度限界値に達していれば、もう一度限界値に達するのは難しいことではないと考えられるため)、この2頭ならステップレースで巻き返していた方が有利。アストンマーチャンは阪神JFで2着しているという意見もあると思うが、2歳GT、それもマイル戦での実績が、古馬スプリントGTに挑むに当たってどのくらい経験として意味を成すのかと考えれば、その答えはおのずと出るだろう。以上の理由から、本命を打つべき馬は同馬しかいないということになる。

○スズカフェニックス
能力最上位。ピーク期。

▲プリサイスマシーン
内枠の先行馬。前走ダート1000mを経験して、究極のスプリント戦にも対応できる心身状態。初めてGT挑戦してから3年、初のスプリントGTだった高松宮記念を4着してから1年半で、いい加減生涯消耗度も高くなってきて勝ちきることはないが、条件、ローテは最高に近い。

買い目

単勝◎ 2000円

馬連
◎○ 7000円

3連単
◎○▲ 1000円
posted by ぶぎー at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 準勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神9R 兵庫特別

準勝負レース

◎テンシノゴールド
前走は開幕週阪神2000mでテン36.7秒−上がり35.3秒のSペース。逃げたビーオブザバンが勝って上位4頭の3角位置はそれぞれ1、3、6、6の前残りの流れ。そんなレースを3角13番手から上がり最速の脚で追い込んでの5着は能力の証明。3走前には今走と同条件の阪神2400mで勝ち上がっているし、前走より今走の方が条件はいい。開催最終週ならそれなりに差しが決まるだろうし、心配の種である中村も2戦同馬に乗って2戦とも人気以上には走らせている。前に行く馬が少ないメンバー構成なので、この脚質には心配もあるが、馬群が詰まっての上がり勝負なら悪くない条件。いくらなんでも6番人気はない。

買い目

単勝◎ 5000円

複勝◎ 10000円
posted by ぶぎー at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 準勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。