2007年12月15日

阪神9R さざんかS

勝負レース

◎マイネブリッツ
3走前はHペースになって前総崩れのレコード決着の中、2番手から粘ってデイリー杯勝ちで朝日杯FS3着のアルティマトゥーレから0.1秒差の4着と好走し、2走前はSペースを逃げたとはいえ、今走と同条件で朝日杯FS2着のレッツゴーキリシマ相手に完勝。前走は距離延長のHペースという苦条件が揃い、上位を差し馬が占めるような流れになってしまって惨敗してしまったが、短縮1400mで楽に単騎逃げできそうなメンバー構成は有利。乗り替わりになるが、前走、3走前とHペースを演出してしまった川田騎手から、2走前をSペースに持ち込んで勝った長谷川騎手に替わるならばむしろ好材料。Bコース開幕週で内、先行有利だろうし、死角は見当たらない。

買い目

単勝◎ 20000円

複勝◎ 30000円
posted by ぶぎー at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

先週と先々週の予想結果

12/1

中山11R ステイヤーズS

1着…マキハタサイボーグ
2着…ネヴァブション
3着…アドマイヤモナーク

単勝1000円外れ
複勝2000円外れ

計−3000円



12/2

阪神11R 阪神ジュベナイルF

1着…トールポピー
2着…レーヴダムール
3着○エイムアットビップ

単勝5500円外れ
複勝4500円外れ

計−10000円

内、前有利想定だったが、テン34.4秒−中盤23.7秒−上がり35.7秒のHペース決着となり、後方から競馬した馬が上位を占めた。前に行きたい馬が多いメンバー構成だったのだが、開幕週阪神マイルというコース条件に囚われすぎたという結果。
上位馬は展開に恵まれた面があるので過剰評価できないし、先行してキツイ経験をした馬が成長するか、そうでなければ年明けに頭角を現すような馬がクラシックを制するのではないだろうか。



12/9

中山11R 朝日杯フューチュリティS

1着◎ゴスホークケン
2着…レッツゴーキリシマ
3着…キャプテントゥーレ

単勝5000円×6.2倍的中
複勝10000円×2.0倍的中

計+31000円

中山マイルはずっと下りで最後の坂を駆け上がったところがゴールというようなコースで、コースの形態からラップが緩みにくいコースとなっているのだが、その中山マイルでテン34.7秒−中盤23.6秒−上がり35.2秒なら遅めのMペースであり、開幕2週目の馬場ということもあって内、先行有利だっただけという結末。
今の馬場のこのペースのこの騎乗ぶりでこの枠順ならゴスホークケンが勝つのも当たり前で、0.4秒差をつけるほどの能力差はない。
差した馬の評価を下げる必要はないし、今後に関してはむしろ好走馬の過剰人気を警戒したい。
posted by ぶぎー at 21:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中山11R 朝日杯フューチュリティS

準勝負レース

◎ゴスホークケン
2走前はテン34.5秒−中盤25.3秒−上がり35.1秒と中弛み気味の前傾ラップを大外枠から楽に好位追走し、直線は軽く追っただけで0.4秒差圧勝。前走はテン35.2秒−中盤37.0秒−上がり35.2秒の平均ラップだったが、東京1800mのデフォルトが後傾ラップだけに先行馬には厳しい流れで、差した馬が1〜3着を占める展開を3角3番手から4角で前を捕まえに動いて粘っての4着なら評価できる内容。開幕2週目の中山マイルだし、絶対に逃げたいというような馬がいないようなメンバー構成なら内、先行有利と予想して間違いないはず。乗り替わりになるが、勝浦騎手は馬群を割れるタイプの騎手なので内枠の先行・好位差し馬は合う。速い上がりを使える馬ではないので、ペースが遅くなった際に溜めすぎなければ。

買い目

単勝◎ 5000円
複勝◎ 10000円
posted by ぶぎー at 10:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 準勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

回避

本日は多忙のため、回避させていただきます。



一応、鳴尾記念は

◎レインダンス
○エイシンデピュティ
▲ドリームジャーニー

の予定ですが、予想コメントを書く暇がありません。。。

最近、休みがちで大変申し訳ありませんが、明日は予想する時間があると思いますので、明日にご期待下さいm(_ _)m
posted by ぶぎー at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

阪神11R 阪神ジュベナイルF

準勝負レース

◎マイネブリッツ
3走前までは一介の1勝馬に過ぎなかったが、2走前にテン33.9秒−上がり35.8秒のHペースを2番手から競馬してデイリー杯を勝ったキャプテントゥーレとタイム差なしの4着に入着し、前走Sペースの逃げ競馬ながら京王杯を3着したレッツゴーキリシマに差を詰めさせない完璧な競馬ができるくらいまでに覚醒した。中枠を引いてスムーズに先行できそうだし、エイムアットビップが大逃げして離れた2番手からの競馬になれば展開的には最高。川田騎手もこの枠の先行馬ならセントウルSのサンアディユのような完璧な騎乗ができるはず。

○エイプアットビップ
純粋能力最上位で、中枠の逃げ馬なら開幕週の馬場にも対応できる。道中スピードが高すぎるだけに折り合い面が気になるが、逆に言えば折り合えれば勝つ可能性は最も高い。

▲アロマキャンドル
前走はSペースをスタート良く2番手から競馬し、仕掛けも完璧で非の打ち所のない完璧な騎乗だったが、東スポ杯3着のスマイルジャック、京王杯を勝ったアポロドルチェを抑えて勝利していて、能力の高さを証明した。内枠を引いて藤田騎手騎乗ならロスのない完璧な騎乗が期待できるし、純粋能力上位の物理的に恵まれる馬ということであれば同馬が一番シックリはくる。

△レジネッタ
前走はレースの上がりが34.0秒という超Sペースの上がり勝負だったが、ファンタジーS6着のデューン相手に直線だけで0.5秒差をつけてその能力の高さを証明した。内枠を引いて武豊騎手騎乗の先行馬ならミスはあり得ない。

買い目

単勝
◎ 500円
○ 3000円
▲ 1500円
△ 500円

馬連
◎○ 1000円
◎▲ 500円
◎△ 500円
○▲ 1500円
○△ 1000円
▲△ 500円
posted by ぶぎー at 13:14| Comment(2) | TrackBack(1) | 準勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

阪神ジュベナイルF出走馬の純粋能力

Aランク(重賞級)
エイムアットビップ

Bランク(OP特別級)
アロマキャンドル
エイシンパンサー
エフティマイア(状態↓)
オディール
シャランジュ
ハートオブクイーン(状態↓)
マイネブリッツ
レジネッタ

Cランク(500万下級)
カレイジャスミン
トールポピー
トラストパープル
ニシノガーランド
ヤマカツオーキッド
ラルケット
レーヴダムール

Dランク(新馬・未勝利級)
ヴァリアントレディ
グラーフ
posted by ぶぎー at 13:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中山11R ステイヤーズS

回避予定レース

◎リキアイサイレンス
メンバーを見た印象では、同馬とトウカイトリック、エーシンダードマンの3頭立てのようなレース。エーシンダードマンは前走最後方付近から大外をぶん回して勝ちに動いて最後まで伸びての4着と能力を証明したが、開幕週中山で外枠の差し馬では物理的不利が大きい。トウカイトリックは前走内枠から道中内々で待機して直線も最内を突くロスのない完璧な競馬で、特に現状の充実を示したような内容でもなかったし、純粋能力の高さは認めても、休養を挟んで元の状態にあるかは疑わしい状態。中枠を引いてルメール騎手替わりで物理的に恵まれるのは明らかだが、同馬も内枠を引いてペリエ騎手替わりならいつもより前の位置取りからの競馬は間違いなく、物理条件が互角なら、前走外を回して伸びてきた同馬の方が充実度では上。

買い目

単勝◎ 1000円
複勝◎ 2000円
posted by ぶぎー at 12:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 回避予定レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

先週の予想結果

11/23

東京11R キャピタルS

1着…キンシャサノキセキ
2着◎エアシェイディ
3着…マイネルスケルツィ

単勝5000円外れ
複勝10000円×1.2倍的中

計−3000円



11/24

東京10R オリエンタル賞

1着…エーシンピーシー
2着…スーパーキャノン
3着○コーナーストーン

単勝8000円外れ
複勝15000円外れ
馬連2000円外れ

計−25000円



11/25

東京10R ジャパンカップ

1着×アドマイヤムーン
2着▲ポップロック
3着◎メイショウサムソン

3連単50000円外れ

計−50000円

3着までと予想したアドマイヤムーンに勝たれたのだから完敗だが、メイショウサムソンは中枠が心配という予感は的中で、武豊騎手を持ってしても枠順の差はどうしようもできないということが証明された。
アドマイヤムーンは先週のダイワメジャーに続いて「純粋能力上位で物理的に恵まれた馬」だったが、現代競馬において物理条件の差はやはりいかんともし難い。能力的にはメイショウサムソンに劣るという評価は変わらず、有馬記念での再戦が見たかった。
ウオッカは予想通りの騎乗ミスで、あの位置からではどうやっても届かない。「順調だったらと思わせる内容」とは四位騎手のレース後のコメントだが、本当に負けた原因が状態だけなのかしっかり考えて欲しい。
インティライミは可もなく不可もなくという騎乗で、あの騎乗でのこの内容は、結果的に生涯消耗度の問題が大きかったということだろう。スーパーホーネットがほぼ完璧な騎乗で消耗しきったダイワメジャーを差せなかったことを先週見たばかりなのに、同じような臨戦で2着しているというわけのわからない安心感に囚われた報いを受けた。エリザベス女王杯のダイワスカーレット軽視に続く失敗で、自分の甘さに腹が立つ。

というわけで、今年の敗戦はほぼ決定。年頭から続いた不調は抜け、予想としては納得のいく予想を披露し続けていると思うが、完璧に研ぎ澄まされた状態には達していないらしい。

来年への希望と、今年大逆転への望みを賭けて、有馬記念は全力で頑張ります。
posted by ぶぎー at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

東京10R ジャパンカップ

このレースが不的中に終わるならば、今年の敗戦が決定しても悔いはない。

勝負レース

◎メイショウサムソン
充実の4歳を迎えて今が成長のピーク。前走は内枠からスタートも良く、道中、3〜4角とロスなくスムーズに直線の半ばに出す完璧な競馬ではあったが、2着に0.4秒差をつけて能力の違いを証明した。先行馬なので内枠が良かったが、武豊騎手騎乗なら中枠でも十分で、ロスのない完璧な騎乗を期待できる。

○インティライミ
4走前から徐々に復調気配は感じていたが、夏の休養を挟んでの2走で完全にかつての輝きを取り戻した印象。特に前走は圧巻で、スタート以外ロスなく競馬し、3〜4角イン待機で直線も空いた内から完璧に抜け出したポップロックを相手に、直線に入ってから前が壁になって大外に持ち出すまで追い出しを我慢しての差しきり。同馬を信じきっていた佐藤哲騎手も素晴らしかったが、それに応えた同馬も現状の充実を示した。ダービー後の故障から能力を発揮したことはなかったし、古馬GT経験が不調期に惨敗した2戦だけなら生涯消耗度の問題は少ない。差し馬だけに中枠はベストで、乗り慣れた佐藤哲騎手なら気性に問題のある同馬でも安心して任せられる。

▲ポップロック
前走は大外枠から出遅れて外々を回して直線は目を引く伸びを見せており、現状の充実を示した。去年の有馬記念からピーク期で生涯消耗度の問題はなく、内枠を引いてペリエ騎手騎乗ならミスのしようがない。

△ウオッカ
短期蓄積疲労の不安は拭い切れないものの、レースを重ねる度に自身の能力の高さを証明し続けている凄い馬。後続を0.5秒千切った3走前、超Hペースの内荒れ馬場で道中中団から早めに動いて直線は最内を突いて8着に粘った2走前、上がり33.9秒という流れを3角から大外を回して最後まで伸びて3着した前走と、能力証明には事欠かない。中枠は悪くないが、四位騎手が前走の敗因を休み明けであると思っていることで、控えて大外を回す騎乗をしてしまう危険性が高く、ロスの多い騎乗で勝てるほど甘いメンバーでもない分、ここまでの評価。

×アドマイヤムーン
充実の4歳を迎えて成長のピークではあると思うが、前走は不利を考慮しても同馬の能力を考えれば物足りない内容で、春に4戦(海外GT2戦、国内GT1戦含む)して好走を続けてしまった蓄積疲労が表面化した可能性は否定できない。それでも、内枠を引いて岩田騎手騎乗なら完璧な騎乗を期待できるし、純粋能力の高さと物理的な有利さを考慮しての3着候補というところ。

買い目

◎→○▲△→○▲△×
○→◎→▲△×
(3連単フォーメーション)

3連単
◎○▲ 15000円
◎○△ 10000円
それ以外 2500円

注:3連単のみの予想にしたため、馬なびの予想から印が増えています。
posted by ぶぎー at 03:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

東京10R オリエンタル賞

準勝負レース

◎リメインオブザサン
2走前は内枠だったが、京都内回りの差し馬で外を回すロスが響いた形だったし、前走のように距離ロスもなく直線のコース選びも完璧ならこのクラスでの好走は必然。トーセンクラウンが外枠を引き、その他の有力馬は末脚に欠ける先行馬ばかりというのは有利だし、内枠の武豊騎手なら完璧な騎乗が期待できる。

○コーナーストーン
休み明けになるが、純粋能力は最上位。中枠の後藤騎手騎乗の先行馬ならミスはない。

▲レゴラス
前走は外枠から外々を回してラスト100mに馬なりで先頭に並びかける強い競馬だったが、そこから急激な失速。陣営によれば気性的な問題で能力を発揮できないらしいが、逆にいえば能力を引き出せればこのクラスにいる馬ではない。休み明けを叩いて内枠を引いて引き続き安藤勝騎手騎乗なら。

買い目

単勝
◎ 5000円
○ 1000円
▲ 2000円

複勝
◎ 15000円

馬連
◎○ 1000円
◎▲ 1000円
posted by ぶぎー at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 準勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。