2008年01月04日

中山金杯出走馬の純粋能力

Aランク(重賞級)
エアシェイディ

Bランク(OP特別級)
アサカディフィート
アドマイヤフジ(叩2)
サイレントプライド
シルクネクサス(疲)
ヒラボクロイヤル

Cランク(1600万下級)
センカク
トウショウヴォイス
フサイチホウオー(ダ→芝)
ヤマニンアラバスタ

Dランク(1000万下級)
グラスボンバー
トウショウナイト

Xランク(未知)
カオリノーブル(X)
タイキヴァンベール(X)
ブラックタイド(C)
メイショウレガーロ(D)
posted by ぶぎー at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

京都金杯出走馬の純粋能力

Aランク(重賞級)
キンシャサノキセキ
サクラメガワンダー

Bランク(OP特別級)
アドマイヤオーラ(叩2)
エイシンデピュティ
エイシンドーバー
ディアデラノビア

Cランク(1600万下級)
カネトシツヨシオー
タマモホットプレイ
フィールドベアー
リキッドノーツ

Dランク(1000万下級)
アルビレオ
クランエンブレム
ナスノストローク

Eランク(500万下級)
セフティーエンペラ(ダ→芝)

Xランク(未知)
オースミダイドウ(C)
サイレントディール(X)
posted by ぶぎー at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ閉鎖のお知らせ

みなさん、新年あけましておめでとうございますm(_ _)m

一昨年にブログを開設して以来、たくさんの方にブログを閲覧していただき、週末にはseesaa内でも上位のアクセス数をいただけたことを本当に感謝しております。

第1回から「予想が全然さっぱり当たらなかったらもうここにはこなくていい」と偉そうなコメントを書き、予想や週中の展望も閲覧して下さっている方のことをまったく考えていないような親切心ゼロのドライな内容ばかりだったにも関わらず、これだけの方に閲覧していただけたことは私の自信になりました。

タイトルにも書いたように、このブログは閉鎖することになるのですが、ネット競馬界から引退するわけではなく、新しいブログで「たまバスさん」、「キリノさん」と一緒にブログを書いていくことになりました。

これにはいくつか理由があるのですが、最も大きな理由として、たくさんの方にブログを閲覧していただいているのにも関わらず、ブログを更新する頻度が減ってしまっているということがあります。

特にM単を優勝してからその傾向が顕著にあり、目標を達成してのモチベーション低下を含め、仕事が多忙になってしまっていることが大きな原因ではあるのですが、そんな理由は関係なく、結果としてそういう事態が起きている以上、なんとか改善しなければならないと考えました。

複数のメンバーでブログをすることによって毎日見て下さる方に報いるだけの記事数は確保できるようになると思いますし、他の2人も優秀な書き手ですので、今以上に面白いブログになると確信しています。

今はまだ新ブログの準備が完了していませんので、今月は新ブログと旧ブログの両方に記事を更新していくつもりですが、来月からは新ブログでしか活動しませんので、来月からはそちらを閲覧していただけたらこれ以上の喜びはありません。

誠に勝手で申し訳ありませんが、これからもよろしくお願いします。



新ブログ

「KeibaParkblog」(現:たまバス的日刊競馬ニュースブログ【近日変更予定】)

http://determination.jugem.cc/
posted by ぶぎー at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

中山9R 有馬記念

大勝負レース

◎メイショウサムソン
生涯消耗度的問題もなく、純粋能力も最上位。GI級のライバル馬では、ダイワメジャーは生涯消耗度的問題に加え、この距離がベストな馬ではないし、ウオッカは物理的不利大きい。唯一、Sペースになって物理的に恵まれた場合のダイワスカーレットに逆転の可能性を残すが、成長のピークを迎えた4歳馬が3歳馬に負けるわけにはいかない。内枠を引いて物理的に恵まれることは明らかだし、天皇賞(秋)の予想でも言った通り、武豊騎手の完璧な騎乗は先行馬に乗ってこそ。

○ポップロック
純粋能力は重賞級だが、それは限りなくGI級に近い重賞級で、同じ重賞級の馬の中では抜けた能力の持ち主。ダイワスカーレット以外のGI級の馬には上記した問題があるため、生涯消耗度的問題もなく、内枠を引いて物理的にも恵まれそうな同馬が先着する可能性はかなり高い。乗り慣れたペリエ騎手ならスタートが遅い同馬でも上手く乗ってくれるだろう。

▲ダイワスカーレット
上がり33秒台を連発して連勝しているがゆえに、小回りコースで流れがあまり緩まず、上がりがかかりやすい中山コースは同馬にとって良い条件とは言えないだろうが、純粋能力が高くて生涯消耗度的問題もなく、物理面での不利も少なそうな同馬を軽視することはできない。

買い目

単勝
◎ 50000円

馬単
◎〇 40000円

3連単
◎〇▲ 5000円
◎▲〇 4000円
▲◎〇 1000円
posted by ぶぎー at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 大勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有馬記念出走馬の生涯消耗度(古馬編2)

ハイアーゲーム(×)
GI6戦目の6歳馬でこれ以上の上昇はない。

ポップロック(○)
去年の有馬記念が成長のピークを迎えての初GIで、見事にベストパフォーマンスを披露してピーク期に突入した。来年以降もピーク期が続くかどうかは個体差が大きくて予想が難しいが、今走までは間違いなく走れる。

マツリダゴッホ(×)
天皇賞(春)は距離の問題があって惨敗も仕方なかったが、成長のピークであれば、トライアルを勝って挑んだ天皇賞(秋)ではもう少し頑張って欲しかったところ。現状ではGI級の能力ないし、成長のピークを迎えていなければ通じない。

メイショウサムソン(◎)
充実の4歳を迎えて今が成長のピーク。秋3戦目なら蓄積疲労の心配もない。

レゴラス(×)
古馬GIで1000万下条件馬について書くコメントなどない。
posted by ぶぎー at 14:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有馬記念出走馬の生涯消耗度(古馬編1)

インティライミ(×)
前走は復調を示して絶好の状態でほぼベスト条件のGI挑戦だったが、Sペースを差した不利や、道中、4角と外々を回した不利を考慮しても不甲斐ない惨敗。残念だが、GI戦線での再浮上はもう期待できない。

コスモバルク(×)
3歳時にピーク期を迎えた早熟馬で、6歳になってこれ以上の上昇はない。

ダイワメジャー(△)
3歳時からGIで活躍し続けてきた馬で、3歳秋を棒に振ったことや、短距離を中心に活躍してきたことを考慮しても、これだけ長期間に渡ってGIを勝つ馬は異常。それでも、今年のGI2勝はGI級の馬がいなかったり他馬に物理的不利があったりして恵まれた勝利であったのは事実。生涯消耗度の高さは隠しきれないし、その状態で自身にとってベストではない距離というのは無理。

チョウサン(×)
GI級の馬ではないので、成長のピークを迎えての初GIでもなければ厳しい。

デルタブルース(△)
3歳秋にGI3連戦で能力を示した後は惨敗続きだったので、GIを勝った6歳馬にしては消耗は少なく、復調を示した前走内容から、GIへの可能性を僅かに残した。相当に相手が弱ければというところだが、この相手では。

ドリームパスポート(◎)
充実の4歳を迎えたGI級の馬で、骨折での休養を挟んで去年秋の蓄積疲労が抜けたわけだから、生涯消耗度的問題はまったくない。後は能力を取り戻しているかどうかだけ。



続く
posted by ぶぎー at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

有馬記念出走馬の生涯消耗度(3歳馬編)

ウオッカ(○)
秋3戦目になるが、2戦ともSペースを後方から競馬して展開面での不利があっての敗戦なので、蓄積疲労は少ない。レース内容から春シーズンの蓄積疲労もそれほどないようで、同馬の能力は発揮できる。

サンツェッペリン(×)
休養を挟んで不調期になっている可能性があり、現状で発揮できるパフォーマンスに疑問があるし、3歳馬での古馬GT挑戦ならGT級の能力欲しい。

ダイワスカーレット(○)
秋4戦目でGT3戦目になるが、3戦とも牝馬限定戦で能力の違いを見せ付けるかのような楽勝続きだったので、蓄積疲労は少ない。GT級の能力を持っているし、これで凡走するならこの条件が合わないということ。

ロックドゥカンブ(△)
前走が初GTだったので蓄積疲労は少ないが、古馬GTに挑戦する3歳馬としては能力証明足りない。相手が弱ければリンカーンのように相対的に繰り上がって2着することもあるだろうが、通常であれば、シンコウカリド、アドマイヤボス、ロイヤルタッチのように5着前後になる可能性が最も高い。



続く
posted by ぶぎー at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有馬記念出走馬の純粋能力

Sランク(GI級)
ウオッカ
ダイワスカーレット
ダイワメジャー
メイショウサムソン

Aランク(重賞級)
インティライミ
フサイチパンドラ
ポップロック
マツリダゴッホ
ロックドゥカンブ

Bランク(OP特別級)
コスモバルク
チョウサン
デルタブルース
ハイアーゲーム

Dランク(1000万下級)
レゴラス

Xランク(未知)
サンツェッペリン(A)
ドリームパスポート(S)
posted by ぶぎー at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

阪神11R 阪神カップ

準勝負レース

◎シンボリグラン
3走前は道中掛かってしまって競馬にならなかったが、2走前は大外枠から外々を回して最後は上位陣で一番の伸びを見せて2着して能力を証明したし、前走も外々を回すロスがあって、自身苦手な上がり勝負に対応しての4着。それも、負けた相手がキンシャサノキセキ、エアシェイディ、マイネルスケルツィなら仕方がない。阪神1400mというコースでは去年の阪神カップ、今年の阪急杯とそれぞれ5着に敗れているが、どちらも内、先行有利だった阪神で大外枠から外々を回す騎乗を余儀なくされたというだけの内容で、このコースへの適性が低いというわけではない。待望の内枠を引いて、逃げたい馬がローレルゲレイロ1頭、逃げ先行比率28%程度のメンバー構成なら、先行して長くいい脚を使える同馬の能力を生かせる。北村宏騎手にはやや心配もあるが、3連続騎乗になるし、「この馬を手の内に入れた」というコメントを信頼したい。

○スズカフェニックス
2走前は馬インフルエンザによる入厩の遅れに加え、出走を1週早めた影響が出て仕上げきれずに能力を発揮できなかったが、前走は差しが決まる馬場とはいえ、大外を回して最後は群を抜く末脚を見せてGT級の能力を証明した。展開、馬場共に恵まれない可能性が高いが、それは純粋能力の差でカバーできる範囲。

▲シンボリエスケープ
4走前はHペースとはいえ、今走でも人気しているエイシンドーバーと同じような位置から大外を回して同タイム差の2着と好走して能力を証明した。3走前は好走歴のないマイル、それもGIで内、先行有利の流れを大外枠から外々を回して差して仕方のない惨敗で、休養を挟んだ近2走はダート。ベストの1400mでダ→芝替わりならパフォーマンスを上げる可能性が大きい。このメンバーに入ると能力上位というわけでもないが、ライバル陣の近走内容を見る限り状態がいいという感じはしないし、このローテに加えて、先行して展開、馬場の有利さを生かすことができれば逆転の可能性はある。

買い目

単勝◎ 10000円

複勝◎ 20000円

馬連
◎○ 3500円
◎▲ 500円

3連複
◎○▲ 1000円
posted by ぶぎー at 11:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 準勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

中山12R 仲冬S

準勝負レース

◎ショウナンタキオン
前走は絶好の手応えから抜け出したが、瞬発力より持続力に長けた馬で、目標にされて上位3頭を差し馬が占めるようなレースになってしまって仕方のない敗戦。今走はリザーブカード、タイキシルバー、ザレマ、ショウワモダンくらいしか先行したい馬がいないようなメンバー構成だし、リザーブカードには出遅れ癖があり、ザレマは前走差して結果を出した後の外枠ということを考慮すれば、中山マイルの最内枠ということも相まって物理条件にはかなり恵まれるはず。現状なら馬なりで先行できるし、田中勝騎手が馬任せな騎乗をしても問題ない。

買い目

単勝◎ 5000円

複勝◎ 10000円
posted by ぶぎー at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 準勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。