2007年12月15日

阪神9R さざんかS

勝負レース

◎マイネブリッツ
3走前はHペースになって前総崩れのレコード決着の中、2番手から粘ってデイリー杯勝ちで朝日杯FS3着のアルティマトゥーレから0.1秒差の4着と好走し、2走前はSペースを逃げたとはいえ、今走と同条件で朝日杯FS2着のレッツゴーキリシマ相手に完勝。前走は距離延長のHペースという苦条件が揃い、上位を差し馬が占めるような流れになってしまって惨敗してしまったが、短縮1400mで楽に単騎逃げできそうなメンバー構成は有利。乗り替わりになるが、前走、3走前とHペースを演出してしまった川田騎手から、2走前をSペースに持ち込んで勝った長谷川騎手に替わるならばむしろ好材料。Bコース開幕週で内、先行有利だろうし、死角は見当たらない。

買い目

単勝◎ 20000円

複勝◎ 30000円
posted by ぶぎー at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

東京10R ジャパンカップ

このレースが不的中に終わるならば、今年の敗戦が決定しても悔いはない。

勝負レース

◎メイショウサムソン
充実の4歳を迎えて今が成長のピーク。前走は内枠からスタートも良く、道中、3〜4角とロスなくスムーズに直線の半ばに出す完璧な競馬ではあったが、2着に0.4秒差をつけて能力の違いを証明した。先行馬なので内枠が良かったが、武豊騎手騎乗なら中枠でも十分で、ロスのない完璧な騎乗を期待できる。

○インティライミ
4走前から徐々に復調気配は感じていたが、夏の休養を挟んでの2走で完全にかつての輝きを取り戻した印象。特に前走は圧巻で、スタート以外ロスなく競馬し、3〜4角イン待機で直線も空いた内から完璧に抜け出したポップロックを相手に、直線に入ってから前が壁になって大外に持ち出すまで追い出しを我慢しての差しきり。同馬を信じきっていた佐藤哲騎手も素晴らしかったが、それに応えた同馬も現状の充実を示した。ダービー後の故障から能力を発揮したことはなかったし、古馬GT経験が不調期に惨敗した2戦だけなら生涯消耗度の問題は少ない。差し馬だけに中枠はベストで、乗り慣れた佐藤哲騎手なら気性に問題のある同馬でも安心して任せられる。

▲ポップロック
前走は大外枠から出遅れて外々を回して直線は目を引く伸びを見せており、現状の充実を示した。去年の有馬記念からピーク期で生涯消耗度の問題はなく、内枠を引いてペリエ騎手騎乗ならミスのしようがない。

△ウオッカ
短期蓄積疲労の不安は拭い切れないものの、レースを重ねる度に自身の能力の高さを証明し続けている凄い馬。後続を0.5秒千切った3走前、超Hペースの内荒れ馬場で道中中団から早めに動いて直線は最内を突いて8着に粘った2走前、上がり33.9秒という流れを3角から大外を回して最後まで伸びて3着した前走と、能力証明には事欠かない。中枠は悪くないが、四位騎手が前走の敗因を休み明けであると思っていることで、控えて大外を回す騎乗をしてしまう危険性が高く、ロスの多い騎乗で勝てるほど甘いメンバーでもない分、ここまでの評価。

×アドマイヤムーン
充実の4歳を迎えて成長のピークではあると思うが、前走は不利を考慮しても同馬の能力を考えれば物足りない内容で、春に4戦(海外GT2戦、国内GT1戦含む)して好走を続けてしまった蓄積疲労が表面化した可能性は否定できない。それでも、内枠を引いて岩田騎手騎乗なら完璧な騎乗を期待できるし、純粋能力の高さと物理的な有利さを考慮しての3着候補というところ。

買い目

◎→○▲△→○▲△×
○→◎→▲△×
(3連単フォーメーション)

3連単
◎○▲ 15000円
◎○△ 10000円
それ以外 2500円

注:3連単のみの予想にしたため、馬なびの予想から印が増えています。
posted by ぶぎー at 03:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

東京11R 天皇賞(秋)

生涯消耗度理論は存在するのか、それとも空論なのか…

勝負レース

◎アドマイヤムーン
充実の4歳を迎えて今が生涯のピーク。ハーツクライと違って現時点での純粋能力もメイショウサムソン以外なら最上位で、メイショウサムソン以外に破れるとしたら物理的な不利か短期蓄積疲労のみ。内が荒れて去年のように先行馬が馬場の半ばを選ぶことが想像される今の馬場では外を回される不利を受けるのがほぼ確定的だろうが、去年と同じ不利なら成長度で補えるし、春の短期蓄積疲労は3つのGI中海外GIが2つだったと考えれば許容範囲。海外GIの消耗の少なさはヴィジャボードが教えてくれた通りだし、消耗が少ないならば蓄積される疲労も少ないはず。クイーンエリザベスCが外々を回される不利があっての3着ということも考慮すれば、短期蓄積疲労が原因でパフォーマンスが落ちることはない。後はメイショウサムソンを差しきれるかどうかだが、岩田騎手なら当然メイショウサムソンを意識して乗ってくるだろうし、もしそうならここは東京。瞬発力の差で差しきれる。

○メイショウサムソン
充実の4歳を迎えて今が成長のピーク。超Hペースを早めに動いて先頭に並びかけるような競馬だった宝塚記念は強い内容で、メンバー中最上位の能力を示した。最内枠を引いてスムーズに好位から競馬できるだろうし、崩れる要素は見当たらない。武豊騎手替わりで「新しい面を引き出す」という陣営のコメントだが、この枠で無理に控えて外を回して差すような最悪の騎乗はさすがにさせないだろう。個人的には現時点で武豊騎手が日本一のジョッキーであることに確信があり、その美技は先行馬での完璧な捌きと仕掛けにこそあると思っている。その美技を堪能させて欲しい。

▲アグネスアーク
2走前は道中内々で我慢して直線だけ外に出す完璧な競馬だったが、Sペース楽逃げをしていたフサイチパンドラを差しきるかという伸びを見せたし、前走は外々を回すロスを考慮すれば、勝ったチョウサンを上回る内容、伸び。成長のピークを迎えての初GIで生涯最高のパフォーマンスを発揮する可能性が高く、東京2000mもほぼベスト条件。中枠を引いてスムーズに中団から競馬できそうだし、最大のライバルであるポップロックが外枠に入ったのは好材料。2強にどこまで迫れるか。

勝負馬券

馬連
◎○ 50000円

買い目

3連複
◎○▲ 5000円

3連単
◎○▲ 3000円
○◎▲ 2000円
posted by ぶぎー at 14:35| Comment(9) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

京都11R 秋華賞

勝負レース

◎ウオッカ
前走は春開催も終わりかけで芝が傷み始めた阪神でテン33.5秒−上がり36.9秒の超Hペース。同日の芝2400mの条件戦はテン37.4秒−上がり34.0秒の超Sペースだったが、それでも外差し馬が上位を占めたような馬場状態で、そんな馬場状態の超Hペースをスタートから1コーナーまでかかって無理に抑えて中団から最内を突くような競馬だったのだから、1.6秒差の8着でも強すぎる内容。宝塚記念で15着と惨敗したアサクサキングスが神戸新聞杯で2着と巻き返したのも当然で、これは能力による敗戦ではなく、むしろ春GT3戦目ということを考えれば、この着差のこの着順ですら過剰に能力を証明しすぎた内容であったため、状態面の心配より蓄積疲労の心配の方が大きい。そのため、蹄球炎によって海外遠征が白紙になったことはこの馬にとって良かったし、ぶっつけでの秋華賞はほぼ理想的なローテ。後はライバルのダイワスカーレットとの比較だが、桜花賞は直線入り口でダイワスカーレットが外に膨らんだのを避けて進路を変え、ようやっと加速するという時に内にヨレたのか、ダイワスカーレットのお尻にぶつかって急減速。最後まで伸びて差は詰めたのだが、結局その不利が大きく響いて敗れてしまった。いつもの四位騎手なら安全策でもっと外を回すのだが、競った方が伸びがいいため、競りにいこうとして失敗してしまったという形だった。あれは単なる騎乗ミスで、何度見てもダイワスカーレットより同馬の方が能力は上。桜花賞の時はチューリップ賞で楽にダイワスカーレットに勝った後だったので油断もあっただろうが、今走はさすがに油断できないだろうし、桜花賞から400m伸びての2000mは同馬に有利な材料。陣営は内枠が欲しかったようだが、最大のライバルがダイワスカーレットなら近外枠を引けたのは悪くなく、マークして桜花賞のように直線で並びかければ今度は負けない。今日、世代最強を証明する。

○ダイワスカーレット
能力が抜けているのは誰もが認めるところだが、Sペースの経験しかないため、Hペースに巻き込まれてしまうと不安がある。巷(特にネット予想家の間)ではその不安点を指摘する声が大きいようだが、Hペースに巻き込まれて怖いのは内枠に入った時であり、外枠を引けたのにその不安点だけを殊更主張しすぎるのはいかがなものかと思う。それも、ペース判断力に欠けた騎手が騎乗するというならまだわかるが、同馬の鞍上は安藤勝騎手である。日本が誇る超一流騎手で、Hペースを外枠から無理に先行して脚をなくすような騎乗はまずしない。内枠に入ったら私も消そうかと考えてはいたが、無事外枠を引いた。これは神様も今日の3強対決を楽しみにしているということの証明だろう(笑) GT馬が4頭も揃った空前のハイレベル秋華賞、こんな秋華賞は恐らくあと10年はない。歴史に残るレースにするためにも、同馬が崩れるわけにはいかない。

▲ベッラレイア
5走前のすみれSからその能力を高く評価していたが、2走前はそれまで追い込みしかしかことのなかった同馬が延長Hペースを先行して勝ちにいく競馬。それで最後まで伸びての2着は能力の高さを証明したし、かなり負荷のかかる競馬になったので、同馬の成長にも一役かった。それでも、ウオッカ、ダイワスカーレットの2頭にはまだ及ばないし、追ってからの伸びが売りの同馬に小回りの2000mは合わない。その2頭と「3強」を形成するまでに成長したのは同馬のファンとして素直に嬉しいが、好きであるがゆえに同馬を評価するときは勝つときでありたい。いつか勝つ日が来ると信じてはいるが、今日はその日ではない。

勝負馬券

3連単
◎○▲ 10000円



買い目

馬連
◎○ 10000円
◎▲ 5000円

3連複
◎○▲ 25000円
posted by ぶぎー at 13:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

阪神9R 箕面特別

勝負レース

美しく、カッコ良く

◎オーシャンエイプス
前走はテン35.9秒−上がり36.2秒の流れではあったが、上位4頭の3角位置がそれぞれ14、16、9、10番手という差し有利の馬場だった。そんな馬場での休み明けで3角5番手から4角で勝ちに動いて先頭に並びかけるような競馬をしたのだから、伸びを欠いても仕方なかった。3走前のアザレア賞では1000万下条件を勝ったマイネルキーロフがSペースを楽逃げしていたのを外々を回すロスがあってのクビ差だったわけだし、この条件では圧倒的に能力上位。今週からBコース替わりした阪神なら内、先行有利だろうし、最内枠を引いたらさすがに負けられない。

買い目

単勝◎ 100000円
posted by ぶぎー at 11:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

阪神12R 3歳上500万下

勝負レース

◎サウスティーダ
3走前はその後に500万下、1000万下を連勝するノープロブレムを相手に0.6秒差圧勝だったし、前走はテン35.2秒−上がり35.5秒を刻んで1000万下を2着。2走前はいきなりのGU挑戦、それも短縮でテン34.2秒の流れを逃げてはさすがに厳しかったし、1000万下級の能力がある馬が500万下に出れば当然能力は抜けている。再び短縮での逃げになりそうだが、近3走に逃げ経験のある馬がいないようなメンバー構成なら楽に逃げられる。開幕週の阪神で能力上位の馬が楽に逃げたら止まるはずがない。

○ゲイル
前走は最内枠から馬群がバラけたことを利して上手く内を突けたという内容だけにそれほど評価することはできないが、2走前は内有利の札幌で出遅れて道中動いて外々を回しての敗戦だったし、500万下では上位の能力を証明している。内よりの中枠を引けて岩田騎乗なので、出遅れなければ馬群を捌いて伸びてこれるし、このメンバーなら出遅れても上位まで届く。

▲スーパーヴァイザー
3走前は惨敗だったが、後方から大外をブン回すロスが大きく響いた内容。2走前は新潟で前が止まらない馬場だったので差し損ねたが、最後の伸びはメンバー中1番だった。圧巻は前走で、出遅れて最後方から大外をマクリ気味に進出して直線は大外、そこから0.5秒突き抜けた。Hペースに乗じての内容ではあったが、あの内容なら500万下でも十分通用するし、これで1400mは2戦2連対。坂コースは初めてになるが、ニジンスキー×ブラッシンググルーム×リファールなら阪神適性も高いはず。

買い目

単勝◎ 15000円

複勝◎ 30000円

馬連
◎○ 5000円

ワイド
◎▲ 2000円

3連単
◎○▲ 3000円
posted by ぶぎー at 12:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

東京10R 東京優駿

勝負レース

◎フサイチホウオー
前走は4角で外にヨレたが、そこから群を抜く末脚を披露してハナ差の3着。2走前までに同世代の馬達を次々と破っているように同馬と並ぶ能力を示しているのはヴィクトリーだけだし、そのヴィクトリーは2000m経験しかなく、気性に問題のある馬。初めての2000m以外のレースだし、400m延長で直線の長い東京替わりはヴィクトリーにとって恵まれた条件とは言えない。引き続き外枠を引いてロスを無視した強引な競馬をする可能性が高いし、唯一同馬に勝てる可能性のあるヴィクトリーが能力を発揮できなければ、必然的に戴冠することになる。

○アサクサキングス
2走前は3走前に逃げて圧勝した後のGT戦というギャップに苦しんだという内容だったし、大跳びで加速するまでに時間がかかるという特徴があってスタートでつけられた差がすべてだった。前走は短縮Hペースのマイル戦で、それをスタートから押して無理に先行させたのは同馬にとってかなりつらい体験になっただろうし、雨が降って特殊な外伸び馬場になったので、最内枠から内を通った同馬にはどうしようもなかった。さすがに800m延長で前走よりペースが速くなることはなく、いくら加速するまでに時間がかかる同馬と言えども、皐月賞に比べれば楽に先行できる。展開に恵まれたとは言え、ナムラマースに0.3秒差をつけたきさらぎ賞は評価していいと思うし、直線で前を塞がれるロスがあったラジオNIKKEI杯5着もまずまずの内容。百日草特別は相変わらずのもっさりしたスタートながら、その後に動いてサンツェッペリンを交わして先行して0.1秒差をつけて勝っているし、もともとの能力は世代上位。使い詰めの疲労は気になるが、皐月賞、NHKマイルCと惨敗続きならそれほど心配はいらないはず。先行する馬だけに中枠が欲しかったが、外枠でも賭けてみたいだけの魅力はある。

▲アドマイヤオーラ
前走は大外枠だったこともあってゆっくりとスタートを出て内に入り、道中は最内でロスなく回る競馬。直線入り口でも外にヨレたフサイチホウオーとは対象的にロスなくインからスムーズに馬場の半ばに持ち出して追い込んできたのだが、あれ以上は無理だった。短距離ならまだしも、中距離以上ではフサイチホウオーと差があるということを見せ付けられた内容だったが、それ以外の馬との能力差も同時に示すことができたレースだったと言える。出遅れて大外をぶん回すロスがあったドリームジャーニーとは互角の内容とも言えるが、ドリームジャーニーのベストレースはマイル戦だった朝日杯FS。同馬も距離延長は好材料とは言えないが、それでもドリームジャーニーよりはマシだろう。体力的な不安がある上に、ヴィクトリーとサンツェッペリンが先行してそれなりにペースが速くなる可能性が高いので、岩田が焦って前に行き過ぎなければ。

買い目

単勝◎ 15000円

馬連
◎○ 2000円
◎▲ 5000円

ワイド
◎○ 5000円

3連単
◎○▲ 1000円
◎▲○ 1500円
○◎▲ 500円
posted by ぶぎー at 13:38| Comment(2) | TrackBack(2) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

中京11R テレビ愛知オープン

勝負レース

◎エムオーウイナー
前走、2走前と伸びない内を突いて仕方のない敗戦。開幕中京に替わって前、内有利の馬場だし、絶好の内枠。中舘→小牧替わりも乗り慣れている分だけ小牧の方がいい。

○アンバージャック
2走前は出遅れて伸びない内を突いたので仕方のない敗戦。前走は馬場状態が良かったが、テン32.6秒の流れを自分で作り出しての内容だったので悪くなかった。開幕中京で引き続き内枠を引けたのは有利だし、強引に前に行く小野も合う。

▲ラッシュライフ
2走前は休み明けで大外枠から外々を回すロスがあったので悪くない内容だったし、前走もペールギュントとの0.2秒差は4角で外を回した分の差。充実しているし、枠が変われば逆転できるはず。

買い目

単勝
◎ 10000円
○ 5000円

馬連
◎○ 4500円
◎▲ 3000円
○▲ 1500円

3連単
◎○▲ 2000円
○◎▲ 1000円
posted by ぶぎー at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

東京11R 京王杯SC

勝負レース

◎プリサイスマシーン
前走はスズカフェニックスに外を押さえられて直線で一瞬前を塞がれるロス。それでもオレハマッテルゼには0.2秒差をつけて勝っているのだから、オレハマッテルゼにはたぶん負けない。マイネルスケルツィは同馬より大きなコースロスがあったし、マイネルスケルツィが外枠から出遅れるロスがあって同タイムの接戦だった阪神Cを見ても能力差はない。同じように阪神Cで一緒に走ったフサイチリシャールはダ→芝替わりが効いての阪神C勝利だったが、今走もダ→芝替わりなら同じくらいのパフォーマンスを見せると考えるのが自然で、こちらも同じような能力を発揮できるはず。なお、フサイチリシャールの京都金杯の惨敗は、大外枠から外々を回されるロスがあったのでしょうがない敗戦だった。2走前は内、先行有利の阪神で最内枠からインピッタリと通る完璧な騎乗だったが、エイシンドーバーも内枠からスムーズに先行したので、この同着も同じような能力を証明したと思っていい。エイシンドーバーは京都金杯でマイネルスケルツィに0.2秒差をつけられているが、この0.2秒差は4角で外にコースを取った分の差だし、最後の伸びはエイシンドーバーが上回っていて、やはり能力的には互角といった内容。この4頭は能力的に甲乙付けがたいが、京王杯SCといえばテレグノシスが4年連続3着以内に入っているように、東京コースらしく直線の末脚を問われるレース。そうであれば、阪神C、阪急杯、高松宮記念と、この4頭の中では最も末脚の高さを見せているこの馬を本命にするのは当然。

○フサイチリシャール
前走はスタートで躓いたし、ドバイのダート戦で度外視していい内容。2走前の京都金杯は大外枠から外々を回すロスが大きかったし、今走は同じようにダ→芝替わりだった阪神Cくらいのパフォーマンスは発揮できるはず。その阪神Cは内、先行有利の阪神でマイネルスケルツィの後ろにつけたが、馬群を割ってコースロスなく乗った福永の好騎乗もあって差しきり勝ち。今走はマイネルスケルツィが内からスムーズに先行できそうだし、同馬も福永から鮫島に乗り替わってしまったが、直線の末脚を問われる東京コース替わりなら再度先着できる。

▲エイシンドーバー
前走は出遅れて外々を回すロスがあっての敗戦だし、上がりの脚はマイネルスケルツィを上回っていて悲観する内容でもなかった。2走前は内、先行有利の阪神でスムーズに先行しての同着勝利だが、プリサイスマシーンも最内枠からロスのない完璧な競馬だったので評価できる。4走前の京都金杯は4角で外にコース取った分の差だし、最後の伸びはマイネルスケルツィに勝っていた。フサイチリシャールとの比較は難しいが、東京コースならマイネルスケルツィ以上、プリサイスマシーン以下のパフォーマンスは見せられると考えられる。

△マイネルスケルツィ
上記している通り、プリサイスマシーン、フサイチリシャール、エイシンドーバーとは互角の能力。最後の伸びの差で4番手評価としたが、逃げそうな馬がいないメンバー構成で内枠からスムーズに先行できそうなのは有利。

買い目

単勝◎ 3000円

複勝◎ 10000円

3連複
◎○▲ 3000円
◎○△ 1500円
◎▲△ 2500円
○▲△ 500円

3連単
◎○▲ 500円
◎▲○ 500円
◎▲△ 500円
posted by ぶぎー at 11:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

京都11R 天皇賞(春)

勝負レース

◎ダークメッセージ
ダンスインザダーク×ノーザンテースト×クラフティプロスペクターでちょっと軽さが目立つ配合。ただ、今の京都の高速馬場ならそれをカバーする可能性が高いし、ダンスインザダーク産駒は大幅距離延長でパフォーマンスを上げる馬が多い。天皇賞とリンクしやすい菊花賞で連対したファストタテヤマ、ザッツザプレンティ、デルタブルースの3頭が天皇賞では1度も連対できていないのは、ステップ戦となる阪神大賞典で大幅延長のカードを使って好走した後になることが多いということと無関係ではないはず。同馬は格上挑戦で3着した日経新春杯以外に重賞経験はなく、OP特別で2着したくらいでは古馬長距離GTへ向かう馬としては経験値が圧倒的に足りないが、ハンデ戦とはいえ、500万下を勝ってGU戦に挑んで3着になれるような馬も滅多にいないため、あれだけの相手強化で好走できるなら、OP特別から初の古馬GTという究極に近いアップ条件でも対応できる可能性は示した。2走前は差し馬が上位を占める流れとはいえ、出遅れて大外をぶん回してレコードで0.5秒差の圧勝だし、近走の成績を見ても充実している。前走は最内枠からインピッタリを回してロスなく抜け出す完璧な競馬での敗戦だったので物足りないが、テン3ハロンが39.4秒という信じられないくらいのSペースで、早仕掛けから末脚の持続力を問うような競馬になったのでつらかった。負けた相手は同じダンスインザダーク産駒のファストタテヤマだったが、同じダンスインザダーク産駒でも向こうは末脚の持続力勝負に強い馬であり、こちらは母系の影響で瞬発力に長けているため、あまりに遅い流れで仕掛け所が早くなりすぎてスタミナ勝負になると厳しい。今の京都の馬場ならスタミナよりスピード重視だし、同じダンスインザダーク産駒でなければスタミナも見劣ることはない。外枠を引いたので騎乗の仕方は難しいが、高速京都長距離向きなスピードとスタミナを兼ね備えているし、大幅距離延長の初GTで生涯最高のパフォーマンスを発揮できれば勝つ可能性はあるはず。

○アイポッパー
サッカーボーイ×サンデーサイレンス×ニジンスキーでスタミナと瞬発力に特化された配合。特にサッカーボーイのファイントップ系は平坦なコースで能力を発揮する馬が多く、まさに京都の長距離を走るために生まれてきたような馬。4連続連対で阪神大賞典を2着しての初GTだった2年前の天皇賞が同馬にとって生涯最高のパフォーマンスになるはずで、あれからトップクラスで競馬を2年続けて3回目の天皇賞挑戦。今更成長することはない。とはいえ、天皇賞以外では宝塚記念を1回使っただけ(それも惨敗)で、去年秋もGUを3戦しただけ。今年も休養を挟んで阪神大賞典を勝っての臨戦で、消耗を抑えて状態を最高に持っていく素晴らしいローテーション。近3走は鞍上が上手く乗っての内容だけに他馬に比べてそれほど能力的なアドバンテージがあるわけではないが、同じような能力を示してきたトウカイトリックが外枠に入ったし、安藤勝を確保してロスのない騎乗ができそうなのは有利。もちろん、同馬にとってベストの条件であることも大きく、能力に適性を加味すれば好走する確率は出走馬中最も高い。ただ、上記したように2年前と比べれば消耗がないわけではないので、好走はしても勝ちきれない可能性が高い。

▲ウイングランツ
ダンスインザダーク×アリシーバ×キートゥーミントでスタミナと底力が高く、それにパワーと長距離向きの瞬発力が補足されている配合。同馬は今の高速京都ではやや重すぎるかもしれないが、前走が休み明けでレースの記憶が少ない場面での2000mで追走に脚を使わされているので、性質が中距離型にシフトしていればちょうどいいバランスになるはず。ダンスインザダーク産駒の大幅延長はダークメッセージと同じでパフォーマンスを上げる可能性が高いし、同馬はダークメッセージと違ってダイヤモンドS勝ちや目黒記念2着、阪神大賞典で前残りの展開を外を回って差し損ねての5着と経験を積んでいる点が古馬長距離GTへ向かう馬としては有利。前走は実績から見ても明らかに長距離向きの馬が長期休み明けでの2000mでは無理があったし、テン36.8−上がり35.6の後傾ラップを上がり2位なら悪くない内容。前走がローテや条件的な問題があっての敗戦で状態には特に問題がないと仮定するならば、7歳になって得意条件替わりでの初GT挑戦なら生涯最高のパフォーマンスを発揮できる。

勝負馬券

馬単
◎○ 3000円

3連複
◎○▲ 2000円

買い目

ワイド
◎○ 15000円
○▲ 2000円

馬連
◎○ 5500円
◎▲ 500円
○▲ 1000円

3連単
◎○▲ 400円
◎▲○ 200円
▲◎○ 200円
▲○◎ 200円
posted by ぶぎー at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

京都12R シドニートロフィー

勝負レース

◎マイケルバローズ
3走前は10ヶ月の休み明けで6着に敗れたが最後はよく伸びていたし、2走前は大外枠から4角で外を回したロスが響いての5着。前走はインから上手く外に出す騎乗だったが、2着なら能力は示した。2走前に敗れたセキサンフジは末脚の切れに欠ける馬だし、京都替わりなら逆転できる。前走は連闘での好走だっただけに反動は気になるが、しっかり間隔を開けての出走なら耐えられるはず。

○セキサンフジ
近走は馬場や展開に恵まれているが、安定した成績を残していてこのクラスでは能力上位。1400m戦は2戦して着外2回だが、1200m戦は2戦1勝2着1回だし、フジキセキ産駒なので距離短縮による不安は少ない。前に行って強い岩田替わりだし、Sペース濃厚のメンバー構成で楽に先行できるのは有利。

▲ビッグファルコン
前走、2走前と大外枠から外々を動いて最後までしぶとく伸びていて充実している。フジキセキ×ノーザンテーストで体力的にやや不安があるので、坂のない京都は合う。前走で同馬と同じようなパフォーマンスを見せたシゲルシンキガイより内枠に入ったし、インからスムーズに差してきたクロズキンが14番枠になったので、普通に乗れば播磨特別組には逆転されないはず。

買い目

単勝◎ 3000円

複勝◎ 15000円

馬単
◎○ 4000円
○◎ 5000円
◎▲ 1500円

3連単
◎○▲ 1000円
○◎▲ 1000円
◎▲○ 500円
posted by ぶぎー at 13:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

中山11R 皐月賞

勝負レース

◎フサイチホウオー
2走前のラジオNIKKEI杯は内、先行有利の阪神で離れた6番手から4角で外から前を捕らえに行って勝ちきる強い内容。同馬からはスピード感を感じないのだが、ラップを見ると過去の1流馬と同じようなラップで互角以上の上がりを示している。速い上がりを示しているのにスピード感がないと感じるのは最後の伸びがないからで、アンカツがギアが隠れているとか抜けていないというのはそういう影響があるからだろう。しかし、速い上がりを示しているのに最後の伸びがないというのは、逆説的に言えば仕掛け所から抜け出すまでが早いということになる。そういった特徴は東京よりむしろ中山に向くし、アンカツも最後に伸びないことを考慮してしぶとさを生かす騎乗をすると言っているので、差し損ねることは恐らくなく、どちらかといえば同馬が負けるなら切れる馬に差される可能性の方が高い。父ジャングルポケットの敗戦のイメージがあって最内枠が嫌われているみたいだが、ジャングルポケットは出遅れて外々を回したロスが響いたものだし、出遅れ癖もなく、前から競馬するなら最内枠は問題ない。諸条件が嫌われて2番人気だが、強い姿を見せて欲しい。

○サンツェッペリン
5走前の百日草特別では外枠のアサクサキングスを先に行かせて4角で外から動いて上がりはこちらの方が上回っているわけだし、ホープフルSはテン34.8秒、上がり37.8秒の超Hペースで勝ったニュービギニングより早く仕掛けての2着。2走前の京成杯はテン37.6秒のSペースではあったが、徐々にペースを上げて持続質の逃げに持ち込んで、弥生賞で出遅れて0.4秒差だったメイショウレガーロに0.3秒差の圧勝だった。前走は8着惨敗だったが、4走前のエリカ賞で絶好の4番手好位からまったく伸びずに5着だったように、勝負所から普通に仕掛けても反応が悪くて伸びないので仕方がない。スプリングSのように控えるならホープフルSのようにHペースにならないと無理で、勝つためにはマクるしかなかったが、松岡のコメントによるともともとスプリングSでは勝負する気がなかったらしい。あのメンバーなら勝ちに行けば勝てたはずで、GUを捨てた以上はそれなりの結果を残さなければならず、人気はともかく、陣営からは松岡にプレッシャーがかけられているはず。ただ、2走前に逃げて勝って前走控えて負けたことによって、「逃げなければこの馬の良さを生かせない」ということが他陣営にアピールできたことは良かった。かつて、大西が「逃げると公にアピールすることによって逃げやすくする」というようなことを言っていたが、そう公言しておくことによって自分に競りかけてくれば共倒れになるぞということを他陣営に示しておけば、同型馬が揃ってもマイペースに持ち込み易くなる。今走も同型馬が揃っているが、逃げた若駒Sがテン38.1秒だったモチ、積極策を取るとは言っていたが、もともと先行馬で逃げたくはないアサクサキングス、陣営が折り合いを強調しているように、今後を見据えて控えたいヴィクトリーの3頭なので、絶対に行くと松岡がアピールしていることが生きれば、意外とあっさり行ける可能性がある。ヴィクトリーは気性的に暴走してしまう可能性もあるが、かかってしまえば最後はバテてしまうし、それはそれで問題ない。能力は証明しているし、展開にも恵まれそうなここは絶好の狙い目。松岡の真価が問われる1戦と言ってもいい。

▲ローレルゲレイロ
3走前は外から動いて勝ちにいったし、負けた相手がドリームジャーニー。2走前は苦手な上がり勝負で、上位2頭は抜群の上がり適性を持つアドマイヤオーラとダイワスカーレット。前走は内有利な阪神で外枠から外を回して2番枠のトーセンキャプテンとクビ差の接戦と、強い相手に強い競馬をしてきていて能力高い。初の2000mになるが、最内枠を引いてロスなく競馬できるし、インから競馬するのが得意な藤田替わり。サンツェッペリンが上がりのかかる流れに持ち込めば同馬の良さが生きてくるはず。

買い目

単勝◎ 20000円

複勝◎ 40000円

馬単
◎○ 7000円
○◎ 1000円

3連単
◎○▲ 1500円
○◎▲ 500円
posted by ぶぎー at 11:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

阪神11R 桜花賞

勝負レース

◎ウオッカ
阪神JFは直線までロスのない完璧な騎乗だったが、直線に入って壁を避けるために外に出す四位らしいロスがあって仕掛け遅れたし、チューリップ賞はなんの工夫もなく外枠から外々を回す普通の騎乗。そんな騎乗で内伸び阪神でスムーズに抜け出したアストンマーチャン、ロスなくペース配分さえ完璧だったダイワスカーレットを倒しているんだから能力は抜けている。僅かながら同馬に勝てる可能性のあった両馬が外枠に入ってしまっては負けようがない。

〇アストンマーチャン
阪神JFは完璧な騎乗でウオッカに破れたわけだが、ウオッカも抜群のスタートから4角まで最内をロスなく回って脚を貯められた影響が大きかった。それでギリギリの差し切りだったのだから、同馬とウオッカとの能力差はウオッカが仕掛け遅れた分の差+クビ差だけ。それに比べてダイワスカーレットは中枠からスムーズにハナを奪って得意のSペースの上がり勝負に持ち込んだのに、ウオッカは外枠から外々を回したロスがあって真剣に追うところなくクビ差。前走を見る限り同馬もちゃんと成長しているし、ウオッカを物差しにすると、阪神1600mという条件なら現状ではダイワスカーレットより同馬の方が上。それに加えて同馬の方が内枠に入って、間に前に行きそうなベリーベリーナイスがいるのだから、物理的に外を回されるロスを考慮すれば負けないはず。

▲イクスキューズ
阪神JFは大外枠から出遅れたロスがあったが、直線に入った時にアストンマーチャンにつけられていた差はゴールまで変わらなかったし、菜の花賞は外枠からかかって外々を回して動いて勝ちに行ったにも関わらず最後まで伸びていた。前走は前に行って後続を待って追い出して伸びての完勝だし、能力は証明。ダイワスカーレットが大外枠で能力を発揮するためには先行争いが想像以上に緩くなった際に前に行くことしかないが、内枠に豊が入っては楽な競馬は望めない。同馬はスタートさえ決めれば後はイン大好きな北村がロスのない競馬をしてくれる。大雑把に見積もってダイワスカーレットとの純粋な能力差は0.4秒程度だろうし、それならダイワスカーレットに不利があればギリギリなんとかなるはず。

買い目

馬単
◎〇 25000円

3連単
◎〇▲ 5000円
posted by ぶぎー at 13:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

阪神10R 大阪ハンブルクC(コロガシ企画)

勝負レース

◎ダークメッセージ
今が成長期でどんどんレース内容が良くなっているし、前走は出遅れて最後方から大外をブン回してレコードで突き抜ける圧倒的な強さを見せた。3走前に敗れたトウカイエリートが出走しているが、直線はこちらの伸びの方が良かったし、大外枠と最内枠の差があれば逆転できるはず。本番へ期待を持たせるような勝ちっぷりを見せて欲しい。

○トウカイエリート
このメンバーでは実績上位だし、休み明け実績もあってローテ的にも大きな不利はない。大外枠は不利だが、前に行く馬が少ないメンバー構成で前に行けばロスは最小限に抑えられる。

▲ホーマンアラシ
3走前はどうやっても無理な1200m戦だったし、2走前は上がり2位差し損ね、前走は中山2500mで外を選んで上がり3位差し損ねと、レース内容は悪くない。内枠を引いて安部幸騎乗だし、前に行く馬が少ないメンバー構成なら楽に先行できるはず。前が残る流れになってロスなく競馬できれば。

買い目

単勝◎ 20000円

複勝◎ 40000円

馬単
◎○ 1500円

3連単
◎○▲ 500円

コロガシ企画
複勝◎ 13000円
posted by ぶぎー at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

中山10R 隅田川特別

勝負レース

◎マルブツライト
2走前は外伸び京都で伸びない内を突いたものだし、前走は上手く先行できたものの、超Sペースの中、4角で大きく外に振られて差し損ね。Bコース替わりで内、先行有利馬場濃厚だし、逃げ馬がいないメンバー構成でSペースになれば物理的に有利。

○リキッドノーツ
前走はSペース前残りの流れを唯一差してきて強さを証明した。充実しているし、確実に差し込んでこれるが、Bコース替わりのSペースで前に届くかどうか。

▲アイリッシュホーク
前走は上手く内に入ってロスのない完璧な競馬だったが、破ったメイショウジーゲンが次走で2馬身差の圧勝だったので、相手を考えればまずまずという内容。Bコース替わりで最内枠の利を考慮すれば、格上げ初戦でも戦えるはず。

買い目

単勝◎ 5000円

複勝◎ 20000円

馬単
◎○ 5000円
○◎ 4000円

3連単
◎○▲ 500円
○◎▲ 500円
posted by ぶぎー at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

中京11R 高松宮記念

勝負レース

◎スズカフェニックス
前走は内回り阪神で差し損ねたが、ハイレベルなメンバー相手に能力は示した。中枠は微妙だが、外伸び中京に変わって豊騎乗なら能力は出し切れる。初GIなので生涯消耗度はなく、最高のパフォーマンスを発揮できるはず。

○プリサイスマシーン
前走は内伸び阪神で内枠を引いて恵まれた勝利だったが、ハイレベルなメンバーだったので評価できる。今走は外枠だが、今の中京は外伸び馬場なので運がいい。8歳馬でGI好走経験もあるので生涯消耗度は少しあるが、基本能力値が低い相手ばかりなので、多少パフォーマンスが落ちた程度では負けないだろう。

▲エムオーウイナー
年初までは一介の条件馬に過ぎなかったが、前走のシルクロードSでは中団から抜け出して後続に差を詰めさせず、成長を示した。外枠を引けたし、初GIで生涯消耗度はないので、現状の充実を見てもここで生涯最高のパフォーマンスを披露する可能性は高い。

買い目

単勝◎ 10000円

複勝◎ 20000円

馬単
◎○ 3000円

3連単
◎○▲ 2000円
posted by ぶぎー at 14:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神8R 4歳上500万下(コロガシ企画)

勝負レース

◎アドマイヤサンサン
2走前は休み明けで逃げた馬を捕らえられず、前走はテン35.4秒、上がり36.7秒のHペースを勝ちに動いてバテてしまった。短縮への不安は残るが、2000mより1800mの方が成績がいいし、前に行くスピードのある馬なので問題はないだろう。叩き3戦目で内枠を引いてリーディング上位騎手が中京へ集まっている中での岩田なら信頼していい。

○サウスティーダ
前走は抜群のスタートを決めてそのまま粘りこんだという内容だったが、初めての1600mで最後まで粘ったことは評価できる。引き続き内枠を引いて単騎逃げが望めそうなのは有利。

▲ファイトザパワー
前走は外枠で出遅れて外々を回しての内容で悪くない。中枠替わりなら前走より高いパフォーマンスを見せてもいい。

買い目

単勝◎ 10000円

複勝◎ 20000円

馬単
◎○ 2000円
◎▲ 1000円

3連複
◎○▲ 2000円

コロガシ企画
複勝◎ 10000円
posted by ぶぎー at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

阪神11R 毎日杯(コロガシ企画)

勝負レース

◎ブラックオリーブ
3走前のエリカ賞は新装阪神で外枠から外々を回して差し損ねだし、2走前は大外枠のロスもあって、Hペースを先行しての敗退。前走は内枠だったものの、普通に外を回す工夫のない競馬で鬱憤を晴らすかのような圧勝。2着だったタガノグラマラスもまずまずの馬だったので、OP級の能力は示した。ライバルのナムラマース、クレスコワールド、タスカータソルテは外枠だし、ニュービギニングはHペースにならなければ買えない。絶対能力も上位だと思うが、相対的に恵まれた。

○トーホウレーサー
唯一の芝戦がデビュー戦で、新装阪神で出遅れて大外枠から外々を回して動いたので仕方がない敗戦だったし、先着を許した7頭中5頭がその後に勝ち上がり、残りの2頭も2着を経験しているハイレベルなメンバーだった。ダートで連勝しているが、チーフベアハート×サクラユタカオーなら芝適性高いだろうし、デビュー戦の内容も悪くなかっただけに期待できる。内枠を引いて和田ならハナは譲らないし、先週の但馬Sでテイエムテンライが逃げ切っているように、今の阪神で単騎逃げをすれば簡単には止まらないはず。

▲マイネルヘンリー
デビュー戦は出遅れて上がり最速の9着。2戦目、3戦目も中山でよく伸びていたし、2走前の京成杯では大外枠から先行してハイレベルなメンバーを相手に4着に粘りきった。前走は自己条件戦だったが、最後方から直線だけで7頭をゴボウ抜きして能力を証明した。最後の末脚があるからといって控えすぎると危ないが、最内枠を引いて藤田騎乗ならそんな競馬はしないだろうし、ロスのない競馬が期待できる。

買い目

単勝◎ 15000円

複勝◎ 30000円

馬単
◎○ 1000円
◎▲ 2000円

3連単
◎○▲ 1000円
◎▲○ 1000円

コロガシ企画
複勝◎ 20300円
posted by ぶぎー at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

中山11R スプリングS

勝負レース

◎フライングアップル
3走前は外枠から外々を回して動いてフサイチホウオーと0.1秒差の2着。2走前は上手く乗られての4着だったが、先着されたドリームジャーニーやローレルゲレイロは現3歳世代でもトップクラスのマイラーだった。前走も好位から上手く乗られたものの、またもやフサイチホウオーに0.1秒差の3着。毎走きっちり走って、実績程度の能力は証明している。ライバルのサンツェッペリンは控えて良さを生かせない競馬をしそうだし、フェラーリピサ、マイネルシーガルは外枠の不利がある。最内枠を引いて横山典騎乗なら惜敗続きに終止符を打てるはず。

○サンツェッペリン
前走はSペースの逃げ切りだが、その後に弥生賞で好走するメイショウレガーロや共同通信杯2着のダイレクトキャッチを排出したハイレベルレースで他馬を寄せ付けなかったことは評価できる。3走前のエリカ賞5着は案外だったが、中枠だったのに外々を回したロスがあったし、ラスト3ハロンの瞬発力勝負では良さが生きないことを示してしまった。能力は高いが、賞金が足りてるので今走は本番に向けて控える競馬をしそうだし、そうなると伸びきれない可能性がある。能力は上位だが、完璧な騎乗をするフライングアップルを捕まえられるかどうか。

▲スクリーンヒーロー
グラスワンダー×サンデーサイレンス×ノーザンテーストで、明らかにダートより芝向きの馬。もともとスタートとスタートからの加速力が高い馬だが、スタートが芝の東京コースではその性質がより顕著に目立つし、内枠を引いてスムーズに先行できそうなここでは侮れない。

買い目

単勝◎ 10000円

複勝◎ 30000円

馬単
◎○ 5000円
○◎ 2500円
◎▲ 500円

3連単
◎○▲ 1000円
◎▲○ 500円
○◎▲ 500円
posted by ぶぎー at 12:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中山10R 東風S

勝負レース

◎グレイトジャーニー
3走前、2走前と外々を回してよく伸びていたし、前走は上手く乗られたものの、強い上位4頭に次ぐ内容で現状の充実示した。停滞したメンバー構成で、今の充実感はかなり有利。中枠だが、ライバルになりそうな馬はほとんどが同馬より外の枠に入ったので、相対的には問題ない。蛯名に壮大なる絶望感を味わされなければ。

○ニシンデュー
3走前はキングストレイル、グランリーオ、マイネルハーティー相手に外枠からMペースで逃げて先着。今走は内枠に入ったし、前に行く馬が少ないので、引き続きマイペースの逃げが期待できる。延長で前走よりは流れが緩くなりそうなのも好材料。

▲キングストレイル
2走前は外枠という不利はあったが上手く乗られての4着で、前走は切れ負けする東京で先行して伸びきれず惨敗。近走のレース内容はやや物足りないが、近2走で同じような内容を示していたマイネルハーティーやロードマジェスティが外枠になったので、相対的に評価せざるを得ない。

買い目

単勝◎ 10000円

複勝◎ 25000円

馬単
◎○ 7500円
○◎ 2500円

3連単
◎○▲ 3000円
○◎▲ 2000円
posted by ぶぎー at 11:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。