2007年09月11日

朝日チャレンジC回顧

馬場(中)ペース(S)

Aランク馬が2頭いて、この時期の中距離重賞としては平均的なレベル。

開幕週でテン36.9秒−上がり34.2秒のSペースだったのだから、内、先行有利のはずが、差し馬がワンツーして評価の難しいレースだった。

個体評価

インティライミ
枠なりに外々を回して直線で普通に差しを選択する競馬。特に工夫した騎乗でもなく、現状の充実度が不利を克服したという内容。
阪神の2000mは切れよりパワーを必要とするコースであるとはいえ、このペースで外を回して上がり33.3秒での差しきり勝ちは能力の証明。2着馬も大外を回して伸びてきての2着なので、圧倒的なパフォーマンスを披露したわけでもないが、充実はしている。相手次第な面はあるが、復調してきた今期は期待したいところ。
posted by ぶぎー at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

先週の予想結果

9/8

阪神11R 朝日チャレンジC

1着…インティライミ
2着◎ブライトトゥモロー
3着…ゴールデンメイン

単勝7500円外れ
馬連2000円外れ
3連単500円外れ

計−10000円



9/9

中山11R 京成杯AH

1着…キングストレイル
2着◎カンファーベスト
3着…マイネルシーガル

単勝7000円外れ
馬連1500円外れ
3連単1500円外れ

計−10000円



阪神11R セントウルS

1着◎サンアディユ
2着…カノヤザクラ
3着○キンシャサノキセキ

単勝2000円×30.8倍−5000円的中
馬連1500円外れ
3連単1500円外れ

計+51600円



ショボイ馬券だけど。。。

070909_1549~02.jpg
posted by ぶぎー at 00:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

札幌記念回顧

馬場(中)ペース(S)

重賞で上位常連のメンバーが揃って夏の2000m重賞としてはまずまずのレベルのレースになったが、例年ハイレベルのレースになりやすい札幌記念としてはやや低いレベルのレースだった。

逃げ馬不在でフサイチパンドラが逃げ勝ったように、内、先行有利馬場のSペースだったので、外を回した馬や差した馬は評価を上方修正する必要がある。

個体評価

フサイチパンドラ
スムーズにスタートし、マイペースの逃げ。上手くSペースに落とせば、今の馬場では簡単には捕まらない。
前走、今走と評価したように、去年秋の疲労が抜けて能力を発揮できる状態になってきた。今走内容自体はそれほど評価できるようなものでもなかったが、逃げたとはいえ、Sペースに対応できたことは評価できる。本質は中距離のHペース戦だが、この競馬ができれば中距離なら条件を問わない活躍が期待できるだろう。

サクラメガワンダー
スタートを普通に出て、枠なりに外々を回して差す競馬。今の馬場のこのペースでのこの騎乗で3着は評価していいし、能力を証明した。
Sペースの差し競馬はもともと得意条件ではあったが、強い内容で充実している。近走内容から成長も感じるし、今ならある程度速い流れになっても対応できる可能性が高い。
posted by ぶぎー at 21:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

先週の予想結果

9/1

札幌9R HBC賞

1着…ピースオブラヴ
2着○ユキノマーメイド
3着▲ハギノルチェーレ

単勝5000円外れ
馬連2000円外れ
3連単1000円外れ

計−8000円



9/2

札幌9R 札幌記念

1着○フサイチパンドラ
2着…アグネスアーク
3着…サクラメガワンダー

単勝10000円外れ
馬連2000円外れ
馬単2000円外れ
3連単1000円外れ

計−15000円



新潟11R 新潟2歳S

1着◎エフティマイア
2着…シャランジュ
3着…ゴールドストレイン

複勝10000円×2.8倍的中
ワイド5000円外れ

計+13000円
posted by ぶぎー at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

新潟記念回顧

馬場(軽)ペース(M)

1年ぶりのレースだったトップガンジョーが3番人気で、1000万下を勝ったばかりのダイイチアトムが4番人気だったのだから、重賞としては低レベルのレース。

トップガンジョーが掛かってそれなりにペースは速くなったが、位置取りより適性や騎乗ぶりによる影響が強く、各馬の能力比較は難しいレースだった。

個体評価

ユメノシルシ
大外枠からスムーズにスタートして番手の外。そのまま外々を普通に回しただけの騎乗だったが、外が伸びる新潟らしくそのまま押し切った。
2走前、前走と充実を示した内容だったし、早めに仕掛けて押し切るような競馬が合う。同じ直線が長い競馬場でも切れが必要な東京や京都は合わなさそうで、中山の非根幹中距離がベストになるだろう。
posted by ぶぎー at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

キーンランドC回顧

馬場(中)ペース(M)

Bランク以上の馬が半数を占め、この時期の重賞としては十分なレベル。スプリンターズSの開催時期が9月ということもあって、中〜長距離重賞よりメンバーが揃いやすいのだろう。

実質開幕2週目の札幌でそれほど速いペースでもなかったので、内、先行有利の馬場だった。外を回した馬や差した馬は評価を上方修正する必要がある。

個体評価

クーヴェルチュール
スタートもよく、スムーズに2番手につけ、あとは逃げたサープラスシンガーを交わすだけという完璧な騎乗。それだけに着差ほど強さを証明したわけでもないが、2走前→前走→今走とパフォーマンスを上げており、成長を示した内容。
2走前のバーデンバーデンCは低レベルなメンバー構成だったし、1200m実績ばかりを評価された過剰人気かと思っていたが、若駒ということもあって予想以上の成長。スプリンターズSまでにどこまで成長できるか。

アグネスラズベリ
スタートは悪くなかったが、枠なりに外々を回して差す競馬でここまで伸びてくるのだから充実している。
上手くイン差しした前走と違い、今の札幌で外々を回すロスがあってのこの内容は立派。相変わらず1200mでは道中ついて行けないが、函館や札幌といった重めの芝なら問題ないのかもしれない。今の充実度なら多少の不利はカバーできるかもしれないが、軽い芝替わりでは軽視したい。
posted by ぶぎー at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

先週の予想結果

8/25

札幌12R 3歳上500万下

1着○オリオンザドンペリ
2着…ナイトレセプション
3着…レキシントンバレー

単勝5000円外れ
複勝10000円外れ
馬連1000円外れ
ワイド3500円外れ
3連単500円外れ

計−20000円



8/26

札幌9R キーンランドC

1着…クーヴェルチュール
2着…アグネスラズベリ
3着…ワイルドシャウト

単勝3000円外れ
複勝6000円外れ
3連単1000円外れ

計−10000円
posted by ぶぎー at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

クイーンS回顧

馬場(軽)ペース(S)

Aランク馬が4頭揃って、牝馬限定戦としてはGT〜GU級の好メンバー。秋のエリザベス女王杯にも直結しそうなハイレベルレースだった。

札幌の開幕週でテン36.1秒−上がり34.7秒のSペースだったので、完全に内、前有利だった。外を回した馬や後方から競馬した馬は評価を上方修正する必要がある。

個体評価

アサヒライジング
スタートも良く、内枠だったこともあってロスもない完璧な競馬。このメンバーで圧勝したことは評価していいが、馬場、流れに恵まれての内容であったことには注意したい。
切れる脚がなくいい脚を長く使えるのでHペースの持続力勝負に強いが、逃げ馬なのでSぺースになっても物理的な有利さを生かせる。ここまで安定した成績を残せるのも様々なペースに対応できるからこそ。ただ、阪神牝馬Sのように、短すぎる距離でスタートから脚を使ってしまうとバテてしまうので、マイル以下の距離では条件を選びたい。

フサイチパンドラ
スタート〜道中〜4角と外々を回すロスの多い競馬。自身に合わないSペースの競馬でもあったし、このメンバーで0.4秒差の5着なら能力を証明した。
ローズSと秋華賞でのパフォーマンスの違いを考えれば、このペースのあの騎乗ぶりでのこの内容は復調を示していると考えていいし、疲労が抜けて徐々にパフォーマンスを発揮できる状態になってきた。実績通りにHペースの中距離戦で狙い打ちたい。

デアリングハート
外枠から外々を回して4角で動いて勝ちに行く競馬。開幕週で内が有利だったことを考えればかなりキツイ内容で、それでこのメンバーを相手にしての7着なら能力を証明した。
前走、今走と惨敗はしていてもまったく悲観することのない内容で、まだまだ充実している。生涯消耗度的にGTでは厳しくなってきているが、マイル〜中距離重賞なら巻き返せる。
posted by ぶぎー at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

先週の予想結果

8/12

札幌9R 札幌記念

1着○アサヒライジング
2着…イクスキューズ
3着…ディアチャンス

馬連3000円外れ
3連単2000円外れ

計−5000円



新潟11R 天の川S

1着▲タマモサポート
2着○ガッテンワン
3着…フサイチジャンク

単勝5000円外れ
複勝10000円外れ
馬連3000円外れ

計−18000円
posted by ぶぎー at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

関屋記念回顧

馬場(軽)ペース(M)

Aランクの馬がいないようなメンバー構成だったが、18頭のフルゲートでBランク馬が7頭ならこの時期の重賞としては平均的なレベル。

馬場バイアスが大きくて大外を回した1、3着馬の脚が際立って見えたが、それ以外はコースロスと荒れ馬場の不利が複雑で評価が難しいレースだった。

個体評価

カンパニー
スタートも悪くなく、ペースなりに徐々に位置取りを下げ、4角で大外へ。1番大外に出そうとして大きなロスをしたが、極端に大外が伸びる馬場だったのでそれを補ってあまりある恩恵を受けることができた。
休養を挟んで完全復活して全盛期に近い能力を見せたし、末脚の持続力勝負への適性を示した。生涯消耗度的にGTは厳しい状態ではあるのだが、ベスト条件になりそうなマイルCSに初出走するようなら期待してみたくなる内容ではあった。
posted by ぶぎー at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

先週の予想結果

8/4

小倉10R 小郡特別

1着…サインゴールド
2着○テイエムカゲムシャ
3着…メイショウイッテキ

単勝5000円外れ
複勝10000円外れ
馬連2000円外れ
3連単1000円外れ

計−18000円



函館11R 立待岬特別

1着…ゼットカーク
2着…マルタラヴ
3着…タカラタロウ

単勝3000円外れ
複勝6000円外れ
馬連2000円外れ
3連単1000円外れ

計−12000円



8/5

新潟11R 関屋記念

1着…カンパニー
2着▲シンボリグラン
3着…マイケルバローズ

単勝2000円外れ
複勝4000円外れ
馬連1500円外れ
3連単500円外れ

計−8000円
posted by ぶぎー at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

小倉記念回顧

馬場(中)ペース(M)

Aランク馬がスウィフトカレントしかいないようなメンバー構成だったが、この時期の重賞なら平均的なレベル。

テン34.9秒−上がり35.3秒のMペースだったが、このラップで前2頭が抜けた形になったのだから、前有利のレースになった。まだそれほど馬場が荒れているわけでもないのに外に広がったので、外を回したロスがあった馬は評価を上方修正する必要がある。

個体評価

サンレイジャスパー
いつもよりスタートが良かったし、ペースなりに徐々に位置取りを下げて前を見ながら絶好の中団。道中がスムーズで完璧な騎乗だったので、4角で普通に外を選択しても差し切ることができた。騎乗ぶりも悪くなかったが、このペースで差して突き抜けるのだから能力は証明した。
もともと追い込みしかできなかった馬が早めに動いて最後まで伸びるという競馬を繰り返していたのを見て成長を感じていたし、出遅れなければこれくらい走って当然。あまり時計のかかる馬場は良くないが、ある程度軽い馬場なら中距離では様々な条件に対応できる状態。新潟、東京がベストの馬でもあるし、Sペース濃厚なメンバー構成じゃなければ、新潟記念や府中牝馬Sは期待できそう。

メイショウカイドウ
豊にしてはあまりいいスタートではなかったし、スタート〜道中とずっと掛かっていた。道中は外々を回すロスの多い競馬だったし、1年の長期休養明けではバテても仕方のない内容。
ほとんど競馬になっていない負け方だったので、叩いての上昇は期待できる。さすがに能力は衰えてきていて重賞では相手を選ぶので、相手が弱化するOP特別戦で狙いたい。
posted by ぶぎー at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

先週の予想結果

7/28

新潟11R 新潟日報賞

1着…トウショウヴォイス
2着◎タイキラファエロ
3着…チョウサン

単勝3000円外れ
複勝5000円×2.6倍的中
馬連1000円外れ
ワイド3000円外れ

計+1000円

070728_1551~01.jpg



7/29

小倉10R 小倉記念

1着▲サンレイジャスパー
2着◎ニホンピロキース
3着…アラタマサモンズ

単勝1500円外れ
複勝3000円×3.8倍的中
馬連500円×41.1倍−1000円的中
3連単1000円外れ

計+24950円



小倉11R 若戸特別

1着…ダイシンハーバー
2着…ナイスヴァレー
3着◎ウイドーハンター

単勝30000円外れ

計−30000円
posted by ぶぎー at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

函館記念回顧

馬場(重)ペース(S)

Aランクの馬が2頭いてこの時期の重賞としてはまずまずのレベルのレースになったが、1頭は不利、1頭は全く向かない展開だったので、結果的には低レベルなレースになった。

テン37.1秒−上がり35.9秒のSペースになったのだから、後方から競馬した馬には不利があったが、前に行く馬が瞬発力勝負に向かない馬だったので、特に強い内容というわけでもなかった。ただ、差してきた馬も4角でインを選択した馬ばかりだったので、外を回した馬は評価を上方修正する必要がある。

個体評価

エリモハリアー
スタートで前を塞がれて位置取りを下げ、道中は後方の内。4角では外の馬がバテてコースが空いたのでスムーズに外に出せ、スタート以外はほぼ完璧な競馬。馬場や展開にも恵まれたので過剰な評価はできないが、それなりな能力は証明できた。
前走は休み明けで大外枠から外々を回すロスがあって息切れしてしまったが、叩いて一変。怪我も克服して衰えは少ないので、洋芝のコースならこれからも相手次第で狙える馬。

ナムラマース
スタートから少し追って、久しぶりの先行策。Sペースだったので悪い選択ではなかったが、大跳びの馬なので内々の窮屈な所を走らされてリズムを崩してしまった感じ。道中は内から一旦先頭に並びかけるが、マイソールサウンドがハナを主張するとあっさり引いて、その後ろへ。そのまま4角〜直線と逃げ馬とラチの間の最内を狙うが、追われてからの反応がいいタイプの馬でもなく、上手く空いたコースを突くことができなかった。
メンバー構成を読んで先行するというアイディアは良かったが、テン乗りで馬の特徴を掴めていなかったのが敗因。秋山のミスではあるが、5番人気馬だったのだから攻めの騎乗を批判するのは酷というもので、次走以降にこれを生かすことができれば問題はない。能力による敗戦ではなかったので、巻き返しに期待したい。

シルクネクサス
外枠から外々を回すロスがあって4角も大外。メンバー中最もロスの多い競馬で0.6秒差の7着なのだから、能力は証明した。
前走と違ってロスの多い競馬だったのだから、それを考慮すれば自身の能力なりには走っている。いつも自身の能力は発揮するタイプなので、相手弱化には素直に対応できそう。OP特別戦で狙いたい。
posted by ぶぎー at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

先週の予想結果

7/21

函館9R 漁火S

1着◎サイレントプライド
2着…フィールドベアー
3着…アグネスアーク

単勝5000円×1.9倍的中
馬連500円外れ
ワイド1500円外れ

計+2500円



7/22

函館9R 函館記念

1着…エリモハリアー
2着…ロフティーエイム
3着…サクラメガワンダー

単勝4000円外れ
複勝12000円外れ
馬連3000円外れ
3連単1000円外れ

計−20000円



小倉10R 北九州短距離S

1着◎メイショウトッパー
2着…マルカジーク
3着▲クリノワールド

単勝3000円×1.7倍的中
複勝15000円×1.3倍的中
馬連1500円外れ
3連複500円外れ

計+4600円
posted by ぶぎー at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

上半期の予想結果(2月分)

2/24
準勝負レース
中山11R 韓国馬事会杯
◎リザーブカード(2着)
+4000円

2/25
中山11R 中山記念
準勝負レース
◎シャドウゲイト(4着)
−20000円

阪神11R 阪急杯
準勝負レース
◎プリサイスマシーン(1着)
+74900円



準勝負レース
3レース中2レース的中
的中率67%
+58900円
posted by ぶぎー at 04:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

上半期の予想結果(1月分)

今年の上半期はかなりの不調だったが、収支を出さないわけにもいかないので、月ごとに集計し、その後、上半期で集計したいと思う。

マイナス20万以内なら上出来だろうか(苦笑)



1/6
準勝負レース
中山11R 中山金杯
◎マヤノライジン(8着)
−10000円

準勝負レース
京都11R 京都金杯
◎マルカシェンク(4着)
−10000円

1/7
準勝負レース
中山9R ジュニアカップ
◎マイネルシーガル(1着)
+2100円

1/8
準勝負レース
京都10R 寿S
◎マルタカハーモニー(5着)
−10000円

勝負レース
京都11R シンザン記念
◎ダイワスカーレット(2着)
−70000円

1/13
準勝負レース
京都10R 花見小路特別
◎イントゥザグルーヴ(5着)
−20000円

準勝負レース
京都11R 淀短距離S
◎タマモホットプレイ(1着)
+7900円

1/14
準勝負レース
京都11R 日経新春杯
◎アドマイヤフジ(6着)
−18000円



準勝負レース
7レース中2レース的中
的中率29%
−58000円

勝負レース
1レース中0レース的中
的中率0%
−70000円
posted by ぶぎー at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイビスサマーダッシュ回顧

馬場(重)ペース(M)

Bランクの馬が3頭いるだけで、重賞としては低レベルなレース。例年低レベルになりやすいレースではあるし、例年並のレベルではあったが。

テン32.5秒−上がり33.3秒のMペースで位置取りによる差は特になかったが、コース的に後方から競馬した馬より前から競馬した馬がやや有利だったか。開幕週なのでそれほど極端ではないが、本質的に外枠が有利なコースなので、内枠の馬は多少評価を上方修正する必要がある。

個体評価

サンアディユ
出遅れ気味のスタートで、ズラッと前が横一線に並ぶのを見ながら番手グループの先頭。このレベルの直線1000mでは前が止まらないが、それを後方から差して突き抜けるのだからレース内容としては文句のつけどころがない。重賞としては低レベルなメンバー構成ではあったが、適性・能力を合計した限定能力はメンバー中で抜けていることを証明した。
初芝だったので純粋能力はXランク(不明)にしていたが、想像以上の強さ。重馬場・直線競馬への適性が成せる業だとは思うが、このレースの内容だけでそれを判断するのは偏見になるので、純粋能力も高いものを持っていると判断しておくのが無難。今走がフロック視されて次走以降の人気が落ちるようなら買いたい馬だが、不確定要素が多くて現状ではどうやっても期待値に賭ける予想になってしまうのは仕方がなく、それを認識して印を打つようにしたい。
posted by ぶぎー at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

先週の予想結果

7/15

函館11R 登別特別

1着…タカラタロウ
2着…サーキットレディ
3着◎トレノジュビリー

単勝10000円外れ
複勝20000円×1.4倍的中

計−2000円



新潟11R アイビスサマーダッシュ

1着…サンアディユ
2着◎ナカヤマパラダイス
3着…クーヴェルチュール

単勝500円外れ
複勝500円×1.7倍的中

計−150円
posted by ぶぎー at 05:53| Comment(1) | TrackBack(1) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

七夕賞回顧

馬場(重)ペース(H)

重賞なのにAランク馬がいないレースで、この時期の重賞としても低レベルのレース。

テン35.5秒−上がり36.6秒の前傾ラップで、人気馬とは言え、3角13番手以降の馬が福島でワンツーしたのだから、それなりに速い流れだったと言える。よって、前に行った馬は評価を上方修正する必要がある。

個体評価

サンバレンティン
普通のスタートから後方に控え、3角からインをスルスルと上がって4角では前を射程圏に。CBC賞のブラックバースピンに似た完璧な騎乗だったので着差ほどの強さは感じなかったが、現状の充実を示した。
近走内容は同馬の充実ぶりを示していたし、回顧でもいつも触れて近いウチに馬券になるとは思っていた。そこに後藤の完璧な騎乗と荒れてきた馬場が加わっての勝利なので、これ以上の上昇は考えづらいが。今走は後藤が上手く乗ったが、本来は器用さがなく、時計のかかる外差し馬場がベスト。
posted by ぶぎー at 15:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。