2008年01月18日

日経新春杯展望(ローテ・適性)

新ブログ
KeibaParkblog

近5年で3番人気以内に支持され、4着以下に人気を裏切った馬は以下の8頭。

03年
エアエミネム
ファストタテヤマ
04年
タガノマイバッハ
05年
ナリタセンチュリー
06年
エルノヴァ
07年
メイショウオウテ
アドマイヤフジ
オースミグラスワン

鳴尾記念組が4頭いる以外にローテの偏りはなく、レース条件から目立った特徴はない。

強いて言えば、GTシーズンまで遠い隙間重賞で条件戦から出走する人気馬もいるのにも関わらず、人気を裏切った馬はすべて重賞からの出走であるということ。

逆に、条件戦からの出走で3番人気以内に支持された馬は好走率が高いと言える(2-0-1-0で複勝圏外なし)

条件戦からの出走で人気になるということは、当然ながら近走で好調を示している馬が多く、他に人気に応えた馬を調べてもダービーレグノを除いて前走で複勝圏内に入着していた。

ここに日経新春杯のキーポイントがあって、人気に応えた馬と人気を裏切った馬の前走の平均着順はそれぞれ2.3と7.25。

つまり、GTや重賞で中途半端な着順を繰り返している馬より、クラスは問わないので、近走で上位に入着してハッキリと好調を示した馬に有利なレースであると言える。

これはこの時期のレースに一流馬が出走することは少なく、一流半の馬が王道路線から出走してきた程度なら、近走で現状の充実を示してきた馬が逆転できるということだろう。



次に、4番人気以下から3着以内に好走した馬は以下の8頭。

03年
バンブーユベントス
マイネルプレーリー
04年
マーブルチーフ
05年
マーブルチーフ
06年
スウィフトカレント
07年
トウカイワイルド
トウカイエリート
ダークメッセージ

2頭を除いて条件戦からの出走で、去年などは500万下条件からの出走だったダークメッセージが3着しており、前走のクラスはまったく問わない印象。

7頭中前走連対馬は5頭で、前走4着だったスウィフトカレントも前々走まで4連続連対と充実を示して上記したキーポイントに合致しており、日経新春杯で穴馬を狙うなら凡走から巻き返す実績馬より条件戦を勝ち上がってきた素質馬を選ぶべきだと言える。

ちなみに、前走凡走から巻き返した実績馬にマーブルチーフがおり、マーブルチーフを本命にした予想家も(特にネット界に)結構多かったと認識しているが、マーブルチーフが穴を開けた理由は機械的にローテを調べるより血統から分析した方が的確であると考えられるため、省略させて頂く。



↓参考になったらクリックしていただけると、モチベーションが上がっていい内容が書けるようになるかもしれません(笑)
人気ブログランキング
posted by ぶぎー at 20:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79323960

この記事へのトラックバック

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 16:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。