2007年12月23日

中山9R 有馬記念

大勝負レース

◎メイショウサムソン
生涯消耗度的問題もなく、純粋能力も最上位。GI級のライバル馬では、ダイワメジャーは生涯消耗度的問題に加え、この距離がベストな馬ではないし、ウオッカは物理的不利大きい。唯一、Sペースになって物理的に恵まれた場合のダイワスカーレットに逆転の可能性を残すが、成長のピークを迎えた4歳馬が3歳馬に負けるわけにはいかない。内枠を引いて物理的に恵まれることは明らかだし、天皇賞(秋)の予想でも言った通り、武豊騎手の完璧な騎乗は先行馬に乗ってこそ。

○ポップロック
純粋能力は重賞級だが、それは限りなくGI級に近い重賞級で、同じ重賞級の馬の中では抜けた能力の持ち主。ダイワスカーレット以外のGI級の馬には上記した問題があるため、生涯消耗度的問題もなく、内枠を引いて物理的にも恵まれそうな同馬が先着する可能性はかなり高い。乗り慣れたペリエ騎手ならスタートが遅い同馬でも上手く乗ってくれるだろう。

▲ダイワスカーレット
上がり33秒台を連発して連勝しているがゆえに、小回りコースで流れがあまり緩まず、上がりがかかりやすい中山コースは同馬にとって良い条件とは言えないだろうが、純粋能力が高くて生涯消耗度的問題もなく、物理面での不利も少なそうな同馬を軽視することはできない。

買い目

単勝
◎ 50000円

馬単
◎〇 40000円

3連単
◎〇▲ 5000円
◎▲〇 4000円
▲◎〇 1000円
posted by ぶぎー at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 大勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。