2007年12月23日

有馬記念出走馬の生涯消耗度(古馬編2)

ハイアーゲーム(×)
GI6戦目の6歳馬でこれ以上の上昇はない。

ポップロック(○)
去年の有馬記念が成長のピークを迎えての初GIで、見事にベストパフォーマンスを披露してピーク期に突入した。来年以降もピーク期が続くかどうかは個体差が大きくて予想が難しいが、今走までは間違いなく走れる。

マツリダゴッホ(×)
天皇賞(春)は距離の問題があって惨敗も仕方なかったが、成長のピークであれば、トライアルを勝って挑んだ天皇賞(秋)ではもう少し頑張って欲しかったところ。現状ではGI級の能力ないし、成長のピークを迎えていなければ通じない。

メイショウサムソン(◎)
充実の4歳を迎えて今が成長のピーク。秋3戦目なら蓄積疲労の心配もない。

レゴラス(×)
古馬GIで1000万下条件馬について書くコメントなどない。
posted by ぶぎー at 14:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

大阪十三のメンズエステ「癒し家」求人情報
Excerpt: 「脱がない・舐めない・触られない」をお約束しますので、初心者の方やハードサービスのお店に疲れた方でも安心してお仕事して頂けます。空いた時間を有効利用できます☆未経験者大歓迎&全額日払いOK!
Weblog: 大阪十三のメンズエステ「癒し家」求人情報
Tracked: 2014-10-02 07:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。