2007年11月25日

東京10R ジャパンカップ

このレースが不的中に終わるならば、今年の敗戦が決定しても悔いはない。

勝負レース

◎メイショウサムソン
充実の4歳を迎えて今が成長のピーク。前走は内枠からスタートも良く、道中、3〜4角とロスなくスムーズに直線の半ばに出す完璧な競馬ではあったが、2着に0.4秒差をつけて能力の違いを証明した。先行馬なので内枠が良かったが、武豊騎手騎乗なら中枠でも十分で、ロスのない完璧な騎乗を期待できる。

○インティライミ
4走前から徐々に復調気配は感じていたが、夏の休養を挟んでの2走で完全にかつての輝きを取り戻した印象。特に前走は圧巻で、スタート以外ロスなく競馬し、3〜4角イン待機で直線も空いた内から完璧に抜け出したポップロックを相手に、直線に入ってから前が壁になって大外に持ち出すまで追い出しを我慢しての差しきり。同馬を信じきっていた佐藤哲騎手も素晴らしかったが、それに応えた同馬も現状の充実を示した。ダービー後の故障から能力を発揮したことはなかったし、古馬GT経験が不調期に惨敗した2戦だけなら生涯消耗度の問題は少ない。差し馬だけに中枠はベストで、乗り慣れた佐藤哲騎手なら気性に問題のある同馬でも安心して任せられる。

▲ポップロック
前走は大外枠から出遅れて外々を回して直線は目を引く伸びを見せており、現状の充実を示した。去年の有馬記念からピーク期で生涯消耗度の問題はなく、内枠を引いてペリエ騎手騎乗ならミスのしようがない。

△ウオッカ
短期蓄積疲労の不安は拭い切れないものの、レースを重ねる度に自身の能力の高さを証明し続けている凄い馬。後続を0.5秒千切った3走前、超Hペースの内荒れ馬場で道中中団から早めに動いて直線は最内を突いて8着に粘った2走前、上がり33.9秒という流れを3角から大外を回して最後まで伸びて3着した前走と、能力証明には事欠かない。中枠は悪くないが、四位騎手が前走の敗因を休み明けであると思っていることで、控えて大外を回す騎乗をしてしまう危険性が高く、ロスの多い騎乗で勝てるほど甘いメンバーでもない分、ここまでの評価。

×アドマイヤムーン
充実の4歳を迎えて成長のピークではあると思うが、前走は不利を考慮しても同馬の能力を考えれば物足りない内容で、春に4戦(海外GT2戦、国内GT1戦含む)して好走を続けてしまった蓄積疲労が表面化した可能性は否定できない。それでも、内枠を引いて岩田騎手騎乗なら完璧な騎乗を期待できるし、純粋能力の高さと物理的な有利さを考慮しての3着候補というところ。

買い目

◎→○▲△→○▲△×
○→◎→▲△×
(3連単フォーメーション)

3連単
◎○▲ 15000円
◎○△ 10000円
それ以外 2500円

注:3連単のみの予想にしたため、馬なびの予想から印が増えています。
posted by ぶぎー at 03:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ジャパンカップ
Excerpt: 今日は◎フィールドルージュが2着激走!○サンライズバッカスが3着! なんですが、ヴァーミリアンをぶった切ってしまったので予想は複勝・ワイドのみでした…(涙) 明日は少ない点数で当てれると思..
Weblog: Lights,Camera,Action
Tracked: 2007-11-25 09:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。