2007年11月09日

エリザベス女王杯出走馬の生涯消耗度(古馬編2)

タイキマドレーヌ(△)

充実の4歳ではあるが、2、3走前に連勝してやっとOPに上り詰めたセカンドクラスの馬で、まだ成長のピークではないはず。前走はいかにも経験不足というような負け方で、今走を経験して成長すれば来年以降には期待できそう。現状ではまだ能力が足りない。



デアリングハート(△)

桜花賞、NHKマイルと好走して3歳時からGT戦線で活躍していたが、3歳春シーズンの蓄積疲労によって3歳秋〜4歳春までを棒に振ったので、5歳馬にしては消耗が少ない。小柄馬でもキストゥヘヴンとは違って順調に成長して現役牝馬でも屈指の能力の持ち主にはなったが、小柄であるが故に肉体的反動に弱く、充実してきてレースを好走してしまうと反動が出て調子を落としてしまうため、なかなか充実した状態を維持できないのが欠点。まだまだGTでも好走できる馬だと思うが、ローテの組み方が難しい。今走は臨戦過程は悪くないが、自身にとってベストではない2200mでパフォーマンスを上げる理由はない。



ディアチャンス(▲)

成長のピークを迎えての初GT(阪神JFは成長途上の2歳時でレースになっていないため)で、生涯最高のパフォーマンスを発揮する可能性が高い。ずっとマイル前後を使ってきた馬だけに初の2200m戦ということに一抹の不安はあるが、2000mの牡牝混合重賞を4着できるなら牝馬限定2200mは許容範囲内。



ディアデラノビア(△)

去年が最高の臨戦過程だったため、その臨戦過程での3着は同馬の限界パフォーマンスの証明となった。去年より消耗もあるため、去年以上のパフォーマンスを披露することは難しい。



フサイチパンドラ(○)

充実の4歳を迎えて今が成長のピーク。去年秋にGTを連続好走してしまったため、蓄積疲労によって春シーズンは棒に振ってしまったが、休養を挟んだクイーンSで復調の兆しを見せ、札幌記念では最内枠からロスなく競馬して同馬の持続力を生かす完璧な逃げではあったが、その後に秋天を2着するアグネスアークに勝利。前走のダートでの敗戦を度外視すれば、理想的な臨戦過程でのほぼベスト条件で今走に挑める。
posted by ぶぎー at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65556911

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。