2007年11月09日

エリザベス女王杯出走馬の生涯消耗度(古馬編1)

アサヒライジング(○)

充実の4歳を迎えて今が成長のピーク。カワカミプリンセスが故障で戦線離脱しての4歳代表でトップクラスの馬と比べるとやや見劣りするが、それでも、3歳だった去年にテン34.8秒−上がり36.5秒のHペースを先行して0.1秒差の4着(カワカミプリンセスの降着がなかったとしても0.3秒差5着)なら胸を張れる内容。負けるとしたら3歳2強かフサイチパンドラだろう。



アドマイヤキッス(△)

充実の4歳を迎えたが、初GTだった桜花賞で生涯最高のパフォーマンスを見せただけのセカンドクラスの馬。所詮トライアルホースで、成長して再びトップクラスに上り詰める可能性より、GTは好走止まりでトライアルになって巻き返すような馬になる可能性が高い。



キストゥヘヴン(×)

充実の4歳を迎えたが、小柄馬で馬体の成長がなく、チューニーやチャペルコンサート、古くはムーンライトタンゴやシルクプリマンドンナと同じような、春の牝馬クラシック専用馬。これ以上の成長はない。



コスモマーベラス(×)

GT5戦目、古馬GTも3戦目の5歳馬でこれ以上の成長はないし、この臨戦過程で自身にとってベストではない2200m。ここでパフォーマンスを上げることはない。



スイープトウショウ(△)

2歳時からGT戦線で活躍を続けて6歳を迎えたのだから、生涯消耗度はかなり高い。去年、充実の4歳だったディアデラノビアを抑えて2着したことはそれなりに評価できるが、ディアデラノビアはGT連対歴もないようなセカンドクラスの馬で、勝ったのは3歳馬。今年は去年より消耗していて当然だし、もうGTでの期待はできない。相手弱化のGU〜GVなら。



スプリングドリュー(×)

ヴィクトリアマイルは自身にとって距離が短すぎるため、今走は得意距離での初GTということができるが、今が成長のピークなら能力足りないし、成長のピークを迎えていなければセカンドクラスの馬が古馬GTで好走するのは難しい。



続く
posted by ぶぎー at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65406603

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。