2007年09月30日

中山11R スプリンターズS

準勝負レース

◎サンアディユ
中山1200mはスタートから下り坂でそのままの勢いでコーナーを回って直線に向かうし、直線も短く坂があって内、先行有利。GTレベルになれば前も止まらないため、差し馬はイン差しができないとデュランダル級じゃないと無理で、そのデュランダルもサイレントウィットネスには歯が立たなかった。このメンバーでは高松宮記念でピーク期に入ったスズカフェニックスが純粋能力は1番だろうが、15番枠の差し馬ではいかにも厳しい。その高松宮記念では初の1200mにも関わらず3角から動いて前を捕まえにいってそのまま突き放す異常な内容だったが、あれは平坦な中京だったからできた芸当で、スタートから下り坂で究極のテンスピードを問うスプリント戦の頂点のようなこの条件であの競馬はさすがにできない。そうであれば、内枠を引けた同馬かアストンマーチャンがこのレース制することになる。同馬とアストンマーチャンは北九州記念で激突していて、アストンマーチャンが6着、同馬が7着だった。北九州記念はテン32.1秒−上がり35.6秒の超Hペースだったし、内が荒れて、マクった馬か外差しを選択した馬しか上位にこれない展開、馬場。そこで先行して6着だったアストンマーチャンは単純比較ならサンアディユより上になるが、サンアディユは先行しながらも外から来たマクリ馬に包まれて位置取りを下げ、そこから伸びてくる厳しい競馬。これではどちらの能力が上なのかを判断するのは難しい。差があるとすれば、その後にステップレースを使ったか使わなかったかになるが、限界能力を問われるGTで巻き返すにはGT実績がある方が望ましいため(一度限界値に達していれば、もう一度限界値に達するのは難しいことではないと考えられるため)、この2頭ならステップレースで巻き返していた方が有利。アストンマーチャンは阪神JFで2着しているという意見もあると思うが、2歳GT、それもマイル戦での実績が、古馬スプリントGTに挑むに当たってどのくらい経験として意味を成すのかと考えれば、その答えはおのずと出るだろう。以上の理由から、本命を打つべき馬は同馬しかいないということになる。

○スズカフェニックス
能力最上位。ピーク期。

▲プリサイスマシーン
内枠の先行馬。前走ダート1000mを経験して、究極のスプリント戦にも対応できる心身状態。初めてGT挑戦してから3年、初のスプリントGTだった高松宮記念を4着してから1年半で、いい加減生涯消耗度も高くなってきて勝ちきることはないが、条件、ローテは最高に近い。

買い目

単勝◎ 2000円

馬連
◎○ 7000円

3連単
◎○▲ 1000円
posted by ぶぎー at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 準勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。