2007年09月17日

阪神11R 西宮S

回避予定レース

◎キョウワスプレンダ
昨日のローズSは逃げたダイワスカーレットが着差以上の楽勝だったが、テン35.6秒−上がり33.6秒ではさすがに物理的に差すのは不可能だった。テン34.8秒−上がり34.9秒だった3歳上500万下は中団から外を回したディジュリドゥーが上がり33.9秒(急坂のあるコースの500万下条件としては出色だろう)の脚を繰り出して勝っているように、阪神の芝コースが内、先行有利であるという前提でレースを分析すれば、1800mはコースの性質として差し有利であると考えられるはず。今走はジョーファングが逃げるため、極端なSペースになる可能性は低く、差し脚を生かせる展開が想定される。同馬は2走前に休み明けで1600万下条件を2着した実績があるし、前走も絶好の手応えで前を交わそうとした時に躓いた不利が大きかっただけ。休み明けになるが、函館の重い芝に適性を示しすぎたトップディアマンテ、前走内容に見所のなかったソリッドプラチナム、気性的な問題で能力を発揮できないシェルズレイが人気しているようなメンバー構成なら、相対的な信頼度は上だろう。

○ジョーファング
前走は長期休み明けで0.5秒差圧勝。テン35.7秒−上がり36.1秒なら流れに恵まれての勝利というわけでもなかった。阪神1800mという条件には一抹の不安もあるが、他に逃げる馬がいないメンバー構成での内枠で楽に逃げられるのは有利だし、前走のように平均速めのラップを刻んで徐々に後続を離すような逃げができれば、上がりの差はカバーできる。

買い目

単勝◎ 1000円

馬連
◎○ 1000円
posted by ぶぎー at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 回避予定レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。