2007年08月08日

セカンドステージへ

いよいよ今週から札幌開催が始まる。

ということは、私がアメリカ遠征から帰ってきてから約1年が経過したということになる。

アメリカ遠征から帰ってきて1年。予想コメントを見ていただけたらわかると思うのだが、今年1年は「敢えて」能力に拘った予想を続けてきた。

これは今まで使用してきた「Mの法則」が馬の能力をほぼ無視した予想だったことへのアンチテーゼ的な意味合いもあったのだが、1番の理由は単純に能力だけの予想でどこまで的中することができるのかということを確認してみたかったことにある。

プライベートで変化の多い1年だったこともあって多少のブレはあったかもしれないが、1年間ほぼ同じ予想を続けていながら予想精度に波があったことは、当然である反面意外な結果でもあった。

能力だけによる予想を続けていたにも関わらず予想精度に波があったということは、すなわち「能力によってほぼすべての着順が決まってしまうレースと能力が着順に及ぼす影響が極めて小さいレースがある」ということが証明されたことになり、1年間の予想と予想結果の蓄積によって、能力が着順に及ぼす影響が大きい条件と小さい条件がわかるようになってきた。



それが理解できた今、初めて「能力と能力に変化を与える要素を加味した予想」というステージに進むことができるようになったのである。



すべてのレースに対応する「着順決定の方程式(仮)」はもうイメージできている。

血統が加味され、一気に複雑になるセカンドステージからが本当の戦いになるが、ここまで来て後には引けない。



競馬予想のすべてを明らかにする完璧な予想の構築まで、私は歩き続ける。
posted by ぶぎー at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
志半ばで敗れ去った自分がずっと楽しみにしているぶぎーちゃんの躍進。
期待してるので頑張ってください♪
Posted by Special Week at 2007年08月09日 09:36
ぶぎーさんに負けないよう私も頑張ります!

走り続けるじゃなく、歩き続けるってとこがイイですねー。私はと言いますと、さまよい続けるって感じですね(笑)。

スペさん、カムバックしないのー?
Posted by ランキン at 2007年08月09日 09:57
予備校を通じていろんな方と知り合いましたが、予想でインパクトを感じたのは、間違いなく増田さんとぶぎーさんです。
本当に期待して見てます。いつも楽しみにしております。
Posted by アキ at 2007年08月16日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。