2007年05月27日

東京10R 東京優駿

勝負レース

◎フサイチホウオー
前走は4角で外にヨレたが、そこから群を抜く末脚を披露してハナ差の3着。2走前までに同世代の馬達を次々と破っているように同馬と並ぶ能力を示しているのはヴィクトリーだけだし、そのヴィクトリーは2000m経験しかなく、気性に問題のある馬。初めての2000m以外のレースだし、400m延長で直線の長い東京替わりはヴィクトリーにとって恵まれた条件とは言えない。引き続き外枠を引いてロスを無視した強引な競馬をする可能性が高いし、唯一同馬に勝てる可能性のあるヴィクトリーが能力を発揮できなければ、必然的に戴冠することになる。

○アサクサキングス
2走前は3走前に逃げて圧勝した後のGT戦というギャップに苦しんだという内容だったし、大跳びで加速するまでに時間がかかるという特徴があってスタートでつけられた差がすべてだった。前走は短縮Hペースのマイル戦で、それをスタートから押して無理に先行させたのは同馬にとってかなりつらい体験になっただろうし、雨が降って特殊な外伸び馬場になったので、最内枠から内を通った同馬にはどうしようもなかった。さすがに800m延長で前走よりペースが速くなることはなく、いくら加速するまでに時間がかかる同馬と言えども、皐月賞に比べれば楽に先行できる。展開に恵まれたとは言え、ナムラマースに0.3秒差をつけたきさらぎ賞は評価していいと思うし、直線で前を塞がれるロスがあったラジオNIKKEI杯5着もまずまずの内容。百日草特別は相変わらずのもっさりしたスタートながら、その後に動いてサンツェッペリンを交わして先行して0.1秒差をつけて勝っているし、もともとの能力は世代上位。使い詰めの疲労は気になるが、皐月賞、NHKマイルCと惨敗続きならそれほど心配はいらないはず。先行する馬だけに中枠が欲しかったが、外枠でも賭けてみたいだけの魅力はある。

▲アドマイヤオーラ
前走は大外枠だったこともあってゆっくりとスタートを出て内に入り、道中は最内でロスなく回る競馬。直線入り口でも外にヨレたフサイチホウオーとは対象的にロスなくインからスムーズに馬場の半ばに持ち出して追い込んできたのだが、あれ以上は無理だった。短距離ならまだしも、中距離以上ではフサイチホウオーと差があるということを見せ付けられた内容だったが、それ以外の馬との能力差も同時に示すことができたレースだったと言える。出遅れて大外をぶん回すロスがあったドリームジャーニーとは互角の内容とも言えるが、ドリームジャーニーのベストレースはマイル戦だった朝日杯FS。同馬も距離延長は好材料とは言えないが、それでもドリームジャーニーよりはマシだろう。体力的な不安がある上に、ヴィクトリーとサンツェッペリンが先行してそれなりにペースが速くなる可能性が高いので、岩田が焦って前に行き過ぎなければ。

買い目

単勝◎ 15000円

馬連
◎○ 2000円
◎▲ 5000円

ワイド
◎○ 5000円

3連単
◎○▲ 1000円
◎▲○ 1500円
○◎▲ 500円
posted by ぶぎー at 13:38| Comment(2) | TrackBack(2) | 勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
浅草キングス○って凄い!!
Posted by 増田 at 2007年05月27日 19:07
アサクサキングスをここで〇に推せるのは、私も本当にスゴいと思いました。
Posted by アキ at 2007年05月27日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

逆のダッチ人形!
Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
Weblog: NYようすけ
Tracked: 2007-06-01 09:01

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-03 18:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。