2006年10月15日

東京11R 府中牝馬S

回避予定レース

馬連・3連複BOX

◎デアリングハート
前走は早め進出から直線は他馬を寄せ付けない強い競馬だった。有力な先行馬が少ないメンバー構成で後方の馬は仕掛け遅れの懸念があるため、直線で抜け出してしまえば届かない。

○ディアデラノビア
前走は内から上手く馬群を縫って差してきた好騎乗だったが、トップクラスの牡馬に混ざっての競馬だったので評価できる。GVとは言え重賞断トツ人気の差し馬なので、北村が仕掛けを誤る可能性は高く、その分評価を下げたが。

▲ヤマニンシュクル
前走はマクって最後までしぶとく伸びて2着。東京は着外2回だが、オークスとヴィクトリアマイルでのものだから仕方がない面があるし、苦手なコースではないはず。

△スプリングドリュー
前走内容が圧巻。前残りの馬場・流れを気が狂ったかのような直線一気。東京実績ないが、充実していてこなす可能性ある。
posted by ぶぎー at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 回避予定レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。