2006年10月01日

中山11R スプリンターズS

回避予定レース

馬連・3連複BOX
◎○▲3連単

◎ベンバウン
同馬は直線競馬の経験しかなく、問題は能力と初のコーナー。実績面で見劣るが、テイクオーバーターゲットのハナ差2着があって能力面での過小評価はできない。父ストラヴィンスキーは日本でも活躍馬を出していて高速馬場適性あるだろうし、ヌレイエフ系は本格化すれば格を超える血統。今の充実ぶりは怖い。問題のコーナーは上手く中枠を引けて多少外に膨らむだけのロスで済む。今は外が伸びる馬場なので、上手く中団から競馬できれば一番恵まれるのはこの馬。

○オレハマッテルゼ
スプリンターズSは休み開け馬もよく走るし、ローテーション的な心配はない。安田記念は大外枠から動いて勝ちに行ったので仕方のない敗戦。京王杯SCは馬場に恵まれた逃げだったが、別定GUで0.3秒差離せば能力を証明したと考えていいだろう。問題は鞍上の柴田善臣だったが、同馬より内の枠の先行馬及びレースに出走している先行馬の数が少ないという条件が揃ったので問題ない。道中内々から4角で外に出せば、そこは伸びる馬場。むしろ善臣が何も考えず乗った方が好成績になるはずw

▲シーイズトウショウ
前走は大外枠から外々を回して快勝。近走は常に強気に外を回して勝ちに行く競馬だが、それで結果が出ているのだから充実しているし、能力も抜けている。内枠を引いてロスは最小限に抑えられるが、相手強化で苦手な坂もあり、今の中山は外が伸びる馬場。抜け出してどこまで粘れるか。
posted by ぶぎー at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 回避予定レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24707583

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。