2008年07月20日

2008年01月18日

日経新春杯展望(ローテ・適性)

新ブログ
KeibaParkblog

近5年で3番人気以内に支持され、4着以下に人気を裏切った馬は以下の8頭。

03年
エアエミネム
ファストタテヤマ
04年
タガノマイバッハ
05年
ナリタセンチュリー
06年
エルノヴァ
07年
メイショウオウテ
アドマイヤフジ
オースミグラスワン

鳴尾記念組が4頭いる以外にローテの偏りはなく、レース条件から目立った特徴はない。

強いて言えば、GTシーズンまで遠い隙間重賞で条件戦から出走する人気馬もいるのにも関わらず、人気を裏切った馬はすべて重賞からの出走であるということ。

逆に、条件戦からの出走で3番人気以内に支持された馬は好走率が高いと言える(2-0-1-0で複勝圏外なし)

条件戦からの出走で人気になるということは、当然ながら近走で好調を示している馬が多く、他に人気に応えた馬を調べてもダービーレグノを除いて前走で複勝圏内に入着していた。

ここに日経新春杯のキーポイントがあって、人気に応えた馬と人気を裏切った馬の前走の平均着順はそれぞれ2.3と7.25。

つまり、GTや重賞で中途半端な着順を繰り返している馬より、クラスは問わないので、近走で上位に入着してハッキリと好調を示した馬に有利なレースであると言える。

これはこの時期のレースに一流馬が出走することは少なく、一流半の馬が王道路線から出走してきた程度なら、近走で現状の充実を示してきた馬が逆転できるということだろう。



次に、4番人気以下から3着以内に好走した馬は以下の8頭。

03年
バンブーユベントス
マイネルプレーリー
04年
マーブルチーフ
05年
マーブルチーフ
06年
スウィフトカレント
07年
トウカイワイルド
トウカイエリート
ダークメッセージ

2頭を除いて条件戦からの出走で、去年などは500万下条件からの出走だったダークメッセージが3着しており、前走のクラスはまったく問わない印象。

7頭中前走連対馬は5頭で、前走4着だったスウィフトカレントも前々走まで4連続連対と充実を示して上記したキーポイントに合致しており、日経新春杯で穴馬を狙うなら凡走から巻き返す実績馬より条件戦を勝ち上がってきた素質馬を選ぶべきだと言える。

ちなみに、前走凡走から巻き返した実績馬にマーブルチーフがおり、マーブルチーフを本命にした予想家も(特にネット界に)結構多かったと認識しているが、マーブルチーフが穴を開けた理由は機械的にローテを調べるより血統から分析した方が的確であると考えられるため、省略させて頂く。



↓参考になったらクリックしていただけると、モチベーションが上がっていい内容が書けるようになるかもしれません(笑)
人気ブログランキング
posted by ぶぎー at 20:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日経新春杯展望(ステイヤーズS評価)

ラップ
13.1-11.5-12.9-13.7-12.8-13.0-13.1-13.0-11.9-12.2-12.4-12.3-12.2-12.0-12.9-12.0-11.4-12.5

A1
マキハタサイボーグ

A3
アドマイヤモナーク

C1
パープルファルコン

折り合いを欠いたり、もともとの能力に問題があったりして、3〜4角でバテ始める馬が多く、スムーズに競馬をした馬がマクリ気味の位置推移になり、そのような競馬ができなかった馬はレースの流れに乗れなかった印象。勝ったマキハタサイボーグは中団後方から早めに動き出し、4角で先頭に立って押し切る理想的な競馬。ステイヤーらしく反応が鈍い馬なので、仕掛けのタイミングも完璧だった。アドマイヤモナークはマキハタサイボーグより後ろから外に合わせて行くように動き、4角で並びかける競馬。0.3秒も着差があるので評価に差があるが、マキハタサイボーグより長く脚を使っているし、ロスも大きかったことを考慮すれば、能力的にはそこまでの差はない。パープルファルコンは離れた2番手集団で、単純に2.1秒差もあれば2クラス程度下だったと考えるのが妥当。

↓参考になったらクリックしていただけると、モチベーションが上がっていい内容が書けるようになります(笑)
人気ブログランキング
posted by ぶぎー at 15:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

日経新春杯展望(アルゼンチン共和国杯評価)

新ブログ
KeibaParkblog

ラップ
7.3-11.2-11.3-11.6-12.4-12.1-12.3-12.7-12.6-12.2-11.5-11.4-12.3
59.9-60.0

A1
アドマイヤジュピタ

A2
トウカイトリック

C1
マキハタサイボーグ
ダークメッセージ

アドマイヤジュピタはスムーズに先行し、ロスも最小限に抑えた完璧な競馬。それで後続に0.1秒差しかつけられなかったのは不満で、メンバー中最上位とはいえ、抜けた能力を持っていることは証明できなかった。トウカイトリックもアドマイヤジュピタと同じく内枠からスムーズな先行で、4角でも最内を突いて直線に向かうロスのない競馬。アドマイヤジュピタも完璧な競馬だったので、0.1秒差ならほぼ互角の内容だったと言って差し支えないだろう。マキハタサイボーグとダークメッセージはそれぞれ0.9秒、1.1秒と大差をつけられたので、C評価も止む無しといったところ。なお、この2頭の差は4角で通った位置取りの差でしかないため、0.2秒差があっても同じC1評価とした。

↓参考になったらクリックしていただけると、モチベーションが上がっていい内容が書けるようになります(笑)
人気ブログランキング
posted by ぶぎー at 01:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

シンザン記念展望(ローテ・適性)

近5年で3番人気以内に支持され、4着以下に人気を裏切った馬は以下の5頭。

03年
マイジョーカー
04年
シルヴァーゼット
05年
ディープサマー
06年
イースター
ディープエアー

5年間で5頭しかいないということは、当然ながら他の10頭は3番人気以内の馬が上位を占めたということで、不利の少ない京都のマイル戦らしく、能力上位の馬が順当に走りやすいレース。

人気を裏切った5頭中3頭は前走朝日杯FSで、残りの2頭は条件戦勝ち上がり。

朝日杯FSからの3頭は朝日杯FSを差して6着で、条件戦からの2頭はそれぞれ阪神1400m、1600mを差しきり勝ちと、中山のGI好走後か阪神の条件戦を勝った後であり、急坂のあるコースを差して好走してきているという共通点が目につく。

各馬の前走のレースの上がりの平均は約35.9秒で、上がりのかかるレースを差して好走してきたような馬は合わないレースであると考えられる。

これは京都1600mという条件的にも納得できる答えだろう。



次に、4番人気以下から3着以内に好走した馬は以下の5頭。

03年
エイシンブーン
04年
ナムラシーザー
05年
マルカジーク
06年
ゴウゴウキリシマ
グロリアスウィーク

ローテ的な共通点は少ないが、朝日杯FSとラジオたんぱ杯(現:ラジオNIKKEI杯)の惨敗はあまり気にしなくてもいいということが理解できる。

朝日杯FSとラジオたんぱ杯惨敗の3頭について調べてみると、その3頭はともに500万下条件を京都で勝っており、その内の2頭は京都で2勝を挙げていた。

これは上記した人気を裏切った5頭と相反した性質で理論的に問題なく、王道路線惨敗後の京都向きの馬が京都替わりで巻き返すというのが一つのパターンなのだろう。

他の2頭はそれぞれ条件戦のダート1400m、阪神1400mを逃げきり勝ち後。

京都向きの瞬発力はまったく問われなさそうな条件を勝ってきた後だが、人気を裏切った5頭と違って2頭とも前に行く馬なので瞬発力はカバーできたということ。

京都とはいえ、年明けで芝の状態があまり良くないと考えられるため、ダートや急坂コースなどのタフな条件を勝ってきた先行馬には注意したい。
posted by ぶぎー at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

シンザン記念展望(東スポ杯2歳S評価)

ラップ
13.0-10.9-11.3-11.8-12.4-12.8-12.0-11.3-11.9
35.2-37.0-35.2 (59.4-48.0)

C2
タケミカヅチ


リアルヴィクトリー


メジロガストン

テン−中盤−上がりで3分割すると前後半が均等なMペースに思えるが、2分割すると前傾ラップで前にキツイ展開だったことがわかる。このペースを先行して4着だったゴスホークケンが朝日杯FSで巻き返したのも当然で、先行した馬の評価は上げるべき。逆に差し馬は展開に恵まれたと言えるわけで、タケミカヅチは5着に好走してもC2評価が妥当。同じような位置から競馬したリアルヴィクトリーはタケミカヅチからさらに0.3秒差の8着なので、タケミカヅチよりワンランク下のD評価となった。メジロガストンは先行したので叙情酌量の余地はあるが、さすがに2.1秒差の15着では能力を証明したとは言えないだろう。このレース内容では評価できないため、X評価とした。


新ブログ

「KeibaParkblog」

http://determination.jugem.cc/
posted by ぶぎー at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンザン記念展望(朝日杯FS評価)

ラップ
12.3-11.1-11.3-11.6-12.0-11.9-11.3-12.0
34.7-23.6-35.2 (46.3-47.2)

B3
ドリームシグナル

C3
ウイントリガー


ドリームガードナー
ミリオンウェーブ

例年と比較しても平均からやや遅めのラップではあったが、内、先行馬が後続に大差をつける異常な馬場だったため、内枠の先行馬だったドリームシグナルを過剰評価しないようB3評価に留めた。外枠の不利をモロに受けたドリームガードナーとミリオンウェーブはX評価としたが、この4頭ではさすがにドリームシグナルがやや能力上位か。
posted by ぶぎー at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

先週の予想結果

1/5

中山11R 中山金杯

1着△アドマイヤフジ
2着◎エアシェイディ
3着…メイショウレガーロ

単勝6.4倍的中
馬連17.1倍的中



京都11R 京都金杯

1着△エイシンデピュティ
2着○アドマイヤオーラ
3着…カネトシツヨシオー

単勝7.3倍的中
馬連9.7倍的中



とりあえずは的中しましたけど、1番来て欲しくない馬が東西ともに勝っちゃいましたね。。。
posted by ぶぎー at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

京都11R 京都金杯

純粋能力が高いレベルで拮抗していて、かつ、同路線の馬が少なく混戦模様だが、年始の京都1600mというフラットな条件で脚質もそれぞれ平均的にバラけているということから、能力下位の馬の巻き返し要素があまりなく、冷静に分析することで活路が開けそうなレース。

上記したように能力下位の馬の巻き返し要素が少ないため、能力上位のキンシャサノキセキ、サクラメガワンダー、アドマイヤオーラ、エイシンデピュティ、エイシンドーバー、ディアデラノビアの争い。

エイシンデピュティは先行もできる馬で無理に逃げる必要はないし、サイレントディールが競って行かなければオースミダイドウの逃げで淡々とした流れ。条件的にも展開的にも有利不利が少ないレースになりそうだが、内枠に入ったエイシンドーバーが逃げ馬の後ろにつけるような位置取りになれば、藤田騎手や岩田騎手が簡単に外を開けるとは考えづらいため、ベストな仕掛けは望みにくい。能力が拮抗しているからこそ、騎乗ぶりが着順に直接影響を及ぼすはず。また、ディアデラノビアは内枠の差し馬の武豊騎手。京都であることからも一旦後方に控えて外に出して差してくると推測されるが、そうなると直線の位置取りがかなり後方からになる危険性があり、その騎乗ではアドマイヤオーラに先着する可能性がかなり低くなるため、評価を下げた。



予想

◎キンシャサノキセキ
○アドマイヤオーラ
▲サクラメガワンダー
△エイシンデピュティ

単勝&馬連BOX(金額はコメント欄に書き込みます)
posted by ぶぎー at 11:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 準勝負レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中山11R 中山金杯

JRAプレミアム対象レースということで是非とも的中させたいレースではあるが、非常に難しいレースで勝負しにくいレースであるという印象。

純粋能力ではエアシェイディがAランクの最上位で、アサカディフィート、アドマイヤフジ、サイレントプライド、シルクネクサス、ヒラボクロイヤルがBランクでそれに続く。それ以外の馬ではダ→芝替わりでパフォーマンスを上げそうなフサイチホウオーとXランクの各馬という争い。

コースは年始の中山2000mということで重い芝で行われ、例年中盤が緩まないのがデフォルトのレース。今年は逃げ馬が1頭もいないようなメンバー構成なので、例年並に中盤が速くなるのかどうかというところが展開想定上のキーポイントだろう。逃げ馬だけではなく、先行馬も少ないということを考慮すれば例年と比較して緩い流れになると思うが、速い上がりの使えないシルクネクサス、トウショウナイトの2頭がSペースを嫌って突っつくと考えれば、平均的なMペースになると考える。

勝負圏内馬では、追ってからの伸びが良く、直線の長いコースが向きそうなヒラボクロイヤル、内枠の大型馬で鮫島騎手騎乗では馬群を捌くのに苦戦しそうなフサイチホウオーが消えそうだが、上位人気しそうな馬に消す要素が少なくて難戦。

強いて挙げれば、前走1800mを好時計勝ちし、新潟や東京コースでの好走が目立つサイレントプライドが今の中山のタフな2000m向きではないと推測できるくらい。

大穴なら予想以上にSペースになった際に、ダ→芝替わりで走るXランクの初芝馬カオリノーブル。とはいえ、絞りきれないレースでこれ以上手を広げることはできないか。



予想

◎エアシェイディ
○シルクネクサス
▲アサカディフィート
△アドマイヤフジ

単勝&馬連BOX(金額はコメント欄に書き込みます)
posted by ぶぎー at 11:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 回避予定レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。